ここから本文です

NBAウォールが190億円で契約延長 エース慰留成功にファン歓喜「100点満点!!」

7/23(日) 9:15配信

THE ANSWER

ウィザーズのエースが4年の契約延長に合意「俺はどこにも行かない」

 NBAワシントン・ウィザーズのオールスター選手、ジョン・ウォールが契約延長で合意に達したことを明かした。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」によれば、金額は4年総額1億7000万ドル(約190億円)。エースの大型契約にウィザーズファンは「ありがとう、神様」「100点満点!!」と歓喜に沸いている。

【動画】敵を翻弄するドリブル、華麗なアシスト、アクロバティックなシュート…NBAが公式Youtubeチャンネルで公開したウォールのスーパープレー

 話題の主役となったのは、現役屈指のポイントガードの1人と言われるウォールだ。

 ウォールは2018-19シーズンまで契約が残っていたが、ウィザーズは流出阻止のために契約延長を提示する運びとなった。ウォールはデジタルサービス「UNINTERRUPTED」の公式ツイッターで動画を公開し、「知っての通り、俺はどこにも行かない」とウィザーズとの合意を報告。金額は公表されていないが、ESPNは「ジョン・ウォールがウィザーズと4年総額1億7000万ドルで延長契約に合意」と伝えている。4年目はフリーエージェントになる権利がオプションでつき、他チームへトレードされた場合、年俸は15%アップになるという。

 2010年にケンタッキー大からドラフト1巡目1位でワシントン・ウィザーズに入団したウォールは、ルーキーイヤーからレギュラーに定着し、13-14シーズン開幕前に5年総額8000万ドル(約90億円)で契約更新。4年連続でオールスター出場、昨季は自身初の平均20得点+10アシストをマークするなど、リーグを代表する司令塔(ポイントガード)の1人として君臨している。

 ウォールはSNSを通じてコメントを発表。「家族や友人と相談をして、決断をしなければいけなかった。さらに4年間、ワシントン・ウィザーズの一員としていられることができて嬉しいよ。皆は俺が何を求めているのか知っている。絶対にチャンピオンシップを獲って見せる。それが僕の究極の目標であり、それを手にするまでは決して止まらない」と想いを伝えた。

ファンからも大きな反響「ありがとう、神様」「東海岸で最高のポイントガード」

 ツイッター上でウォールの動画が公開されると、メガスターのレブロン・ジェームズが自身の公式ツイッターで「おめでとう、兄弟!!」と祝福したが、ファンたちの間にもすぐに広がり、大きな反響を呼んだ。

「ありがとう、神様」

「おめでとう、ジョン!!」

「東海岸で最高のポイントガード」

「ジョン・ウォール>カイリー・アービング」

「100点満点」

 といった興奮の声が上がり、さらに熱を帯びている。

 名実ともにワシントンの街を背負うフランチャイズプレーヤーが、新シーズンでどんな活躍を見せるのか、目が離せない。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:7/23(日) 23:05
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。