ここから本文です

今欲しい!シティ使いができるかごバッグ5選。

7/23(日) 21:40配信

VOGUE JAPAN

ジェーン・バーキンやグレース・ケリーなど、歴代セレブの時代を超えたバッグ使いは、夏コーデのお手本になります。そんなスタイルを真似して、シティでも使いたいかごバッグをセレクトしました。

主役級。個性派揃いのカゴバックを写真でチェック!

ポルトガルの伝統的な方法で編み込まれた「HEIMAT ATLANTICA」のバッグは、絶妙なカラーリングに加え、幸運を呼ぶトライバルなムード漂うお面のチャームのあしらいが素敵です。ミニサイズのバッグもあり、斬新なデザインとサイズ感に心奪われました。

「CULT GAIA」のバッグは、シンプルなデザインなのに存在感のあるかごバッグ。スナップでも大人気の形は、素材も木材だけでなくアクリルなど、エレガントでポップなものも登場しています。個人的にはオリジナリティ溢れるカラーのバッグが狙い目です。

清水貴之さんの製作する大分県の「さし六つ目バッグ」は、真竹を伝統的な方法で丁寧に編み込まれた繊細な1点。職人技が輝くバッグには、モダンなアレンジもプラスされていて、持っているだけでエレガントなコーディネイトになること間違いなしです。

「SENSI STUDIO」のマルチカラーなかごバッグは、パナマハットに使用されているわらを様々なカラーに染色し、職人が編み込んだもの。鮮やかな色が、ハッピーな気分を高めるバッグは、高さ×横30cmのなんでも詰め込めるサイズ感。他にも、イニシャルをオーダーメイドできるかごバッグが見逃せないです。

「EUGENIA KIM」からは、専門でもある帽子をあえて逆さにしたデザインが登場。ビーチリゾートのバカンスを連想させるバッグとハットを1つにまとめたところに遊び心を感じます。従来のわら素材とウッド素材のハンドルがシンプルでフェミニンな雰囲気です。

VOGUE JAPAN

最終更新:7/23(日) 21:40
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2018年1月号
2017年11月28日発売

700円(税込み)

リリー=ローズ・デップが表紙に初登場! 特別付録は、グローブ・トロッター 120周年記念 特製ミニ・トラベルケース。