ここから本文です

「ストライカー不足」とジダン監督が戦力低下を指摘 C・ロナウド去就には楽観「5日に合流」

7/23(日) 13:40配信

Football ZONE web

モラタのチェルシー移籍決定を受けて、レアルFW陣の現状に言及

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は、チェルシーへ移籍したスペイン代表FWアルバロ・モラタや移籍が取り沙汰されるFWクリスティアーノ・ロナウドについて言及し、「ストライカーが不足している」とチーム状況について説明した。スペイン紙「AS」が報じた。

【動画】受け継がれる天才のDNA…C・ロナウド愛息が父親さながらの鮮烈FK!

 レアルは現地時間23日にアメリカ・カルフォルニア州のリーバイス・スタジアムでマンチェスター・ユナイテッドとインターナショナル・チャンピオンズカップで対戦する。ジダン監督は試合の前日会見で、モラタがチェルシーへ移籍したことで戦力が低下したと正直な思いを打ち明けた。

「それは確かだね。我々は昨季の彼のプレーを見ている。チームに多くのものをもたらしてくれた。今、チームにはストライカーが不足している」

 モラタは昨季、リーグ戦においてシュート55本で15ゴールをマークし、決定率27%という驚異的な記録を残した。これはシーズン10得点以上を決めた選手のなかでトップの数値だった。チームへの貢献度は抜群だったが、分厚い選手層に阻まれて確固たるレギュラーの地位を手にできず移籍を選択。指揮官も、その不在を嘆くことになった。

C・ロナウドは「休暇を楽しんでいた」

 そして、このオフにはロナウドの移籍問題も浮上してメディアを賑わせた。ジダン監督は「クリスティアーノが移籍したがっているということで、いろいろな話がされているのは知っている」と噂は耳にしていると明かした上で、「私が彼と話した時、彼は落ち着いていたし、休暇を楽しんでいた。(8月)5日に合流する」と楽観的な姿勢を示している。

 モナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペの引き抜きに動いているとも言われているが、新たなストライカー獲得を実現させることはできるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/23(日) 13:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新