ここから本文です

トム・クルーズら出演者と監督が注目ポイント紹介 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』特別映像

7/23(日) 12:30配信

リアルサウンド

 7月28日に公開されるトム・クルーズ主演映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』 より、特別映像が公開された。

動画

 本作は、ユニバーサル・スタジオのモンスター映画をリメイク・シリーズ化する巨大プロジェクト「ダーク・ユニバース」プロジェクト第1弾にあたる、1932年の映画『ミイラ再生』をベースにしたアクション・アドベンチャー。中東の広大な砂漠から現在のロンドンに隠された地下迷宮を舞台に、古代エジプトの神話に封印された邪悪なる“王女”の復活の物語を描く。

 このたび公開されたのは、クルーズを含むキャスト陣や監督が、本作の注目ポイントを紹介する特別映像。クルーズは映像の中で、「6歳の時に『ミイラ再生』を見た。現代版モンスター映画を作るなんてワクワクしたね」とモンスター映画に対しての思い入れを語る。「ダーク・ユニバース」のクリエイティブの中核を担い、本作の監督兼プロデューサーを務めたアレックス・カーツマンも「モンスターが現代に出現した雰囲気を感じてほしい」と見どころを語っている。

 そのほか、クルーズが「ハマリ役だ」と語る女性ミイラであるアマネットを演じたソフィア・ブテラ、「出演を聞いて大喜びをしたよ!」とクルーズも初共演を喜ぶジキル博士役のラッセル・クロウ、クルーズ演じるニックと行動を共にする考古学者ジェニーを演じたアナベル・ウォーリスらのコメントも収録。映像は、「アクション満載だ。スリルもある。本格的なホラーだ。古典モンスター映画を現代に復活させた。最高だよ」というクルーズのコメントで締めくくられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/23(日) 12:30
リアルサウンド