ここから本文です

サッカークラブSNS最新ランキング 世界で最も人気を集めているのは…

7/23(日) 14:40配信

Football ZONE web

スペインの2強が存在感、アジア最高位はンドネシア1部ペルシブ・バンドン

 SNS上でも最も人気を集めるサッカークラブは一体どこなのだろうか。ドイツのデジタルマーケティング企業「RESULT Sports」は「グローバル・デジタル・フットボール・ベンチマーク」と題して、クラブのSNSのフォロワーや登録者数を基にしたランキングを公開している。

【動画】大迫の衝撃シュートミスも選出…「ブンデスリーガ珍プレーTop10」

 対象となっているSNSは世界最大級の規模を誇る「Facebook(フェイスブック)」をはじめ、「Instagram(インスタグラム)」、「Twitter(ツイッター)」、「Periscope(ペリスコープ)」、「Google+(グーグルプラス)」、「YouTube(ユーチューブ)の6つのサービス。

 トップに立っているのはスペインのバルセロナで、登録者数の累計は2億671万1621人となった。2位はレアル・マドリードの2億496万8920人とスペインの2強がSNSの部門でも存在感を見せた。両クラブは対象となっているサービス全ての公式アカウントを所有している。

 3位はマンチェスター・ユナイテッド。PeriscopeとYouTubeの公式アカウントはないものの、1億1182万1507人という巨大コミュニティーを形成している。累計が1億人を超えたのはこのトップ3だけだった。4位のチェルシーはPeriscope以外の5つのサービスで計7685万2804人、5位アーセナルは6つで計6337万3961人だった。

 1位から14位までが欧州クラブとやはり圧倒的な強さを見せるが、15位と17位にブラジルのコリンチャンス(1961万9992人)とフラメンゴ(1863万6443人)、18位にエジプトのアル・アハリ(1686万2565人)、19位にメキシコのクラブ・アメリカ(1457万6106人)がランクイン。アジアの最高位は20位のインドネシア1部ペルシブ・バンドン(1377万1475人)となった。

 ランキングは150位まであるが、日本のクラブは入らなかった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/23(日) 16:15
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新