ここから本文です

【夏のお悩み】そのかゆみ “汗あれ” が原因かも? 洗いすぎが引き金に!

7/23(日) 15:00配信

週刊女性PRIME

 今年の夏も猛暑予想! 炎天下に噴き出す汗が原因で皮膚がかゆくなるのは“あせも”と思っていたら、実は“汗あれ”もあるんです。“あせも”との違いは? 予防やケア方法は? 皮膚科医の吉木伸子先生に教えていただきました。

【この記事のすべての写真を見る】

重症化すると長引くことも

 夏は暑くてつらいのに、腕や首がかゆーい! 虫刺され? 日光アレルギー? もしかして、そのかゆみ「汗あれ」かも!? 

「汗をかいた後に、皮膚が赤くなり、かゆみやピリピリした刺激があるのは、汗あれの可能性があります」と、よしき皮膚科クリニック銀座院長の吉木伸子先生。

 汗あれって何? あせもとどう違うの? 

「汗あれとあせもは夏に起こりやすい皮膚の季節病です。ともに汗が原因の症状で、あせもは急激な発汗により、汗が出る管が詰まり水疱ができた状態。一方、汗あれは、汗が刺激となってかゆみやピリピリした刺激を生じるものです」(吉木先生、以下同)

 あせもは、ブツブツとした発疹ができるのに対し、汗あれは、通常できない。でも、自分では区別がつきにくいことも。

 汗あれの原因は汗の成分。

「汗の99%は水ですが、残りの1%にアンモニアなどの成分が含まれています。その成分が皮膚の刺激となり、かゆみなどを起こします」

 初夏から夏にかけて、汗あれの患者さんが増加するという。汗あれになったら皮膚科にかかったほうがいい? 

「皮膚をかかなければ、2週間程度で自然治癒します。しかし、かいてしまうと皮膚が傷んで長引くことがあります。かきすぎてバイ菌が入ると、別の病気を引き起こすこともあります」

 かかずに自然治癒するのがいちばんだが、強いかゆみがある場合は? 

「市販のかゆみ止めを塗ってケアしてください。それで治るようなら皮膚科にかかる必要はありません。薬を塗っても治らない、かきすぎて皮膚が傷んでしまった場合は、皮膚科を受診しましょう」

洗いすぎが汗あれの原因に

 汗あれが起きやすい場所は汗がたまりやすいところ。例えば、お腹まわり、ブラジャーのアンダー部分、襟元、関節の内側など。

「夏は衣類を調整して、汗あれを防ぎましょう。ベルトで圧迫する、キツめのブラを着用するなどは避け、衣類によるムレを防ぎましょう」

 襟元はもともと皮膚が薄く汗あれを起こしやすいという。関節の内側や、襟元はどうやって防げばいい? 

「お風呂で洗いすぎないことです。ナイロンタオルでゴシゴシこすると皮膚を傷め、ボディソープを使いすぎると皮脂が落ちてしまいます。すると、皮膚のバリア機能が弱まり、汗あれを起こしやすくなります。汗は水溶性なので、ボディソープを使わず、シャワーだけで十分落ちます」

 夏は特ににおいを気にして、ゴシゴシ洗ってしまうが、それが汗あれの原因になる。

「1日に2回もボディソープを使って洗う人がいますが、そんなに必要ありません。そもそもにおいの成分は、皮脂に含まれます。多く分泌するのは頭と顔。腕や脚が皮脂でテカテカすることなんてありませんよね?」

 皮脂が多い部分は毎日洗ってもよいが、そのほかはシャワーで流す程度で十分。全身を洗うのは週に1度でOK。

「そのときボディソープではなく石けんを使ってください。液体ボディソープは、使いすぎてしまうのが難点。ボディソープを使う人は、固形石けんに比べて20倍もの洗浄成分を使っているというデータもあります」

 洗いすぎを防ぐと同時に、皮膚の保湿が重要。

「湯上がりは保湿成分が含まれたスキンケア用品を塗りましょう。夏でも手足に粉がふくくらい乾燥している人は特に念入りに」

 保湿をして、皮膚の角質を整えておけば、バリア機能が働き、汗の成分が入ってこなくなるという。

1/2ページ

最終更新:7/23(日) 15:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月3日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)