ここから本文です

語っていいとも! 第43回ゲスト・レイザーラモンHG「奥さんは攻めますね…いや、何聞いてるんですか!?」

7/23(日) 12:00配信

週プレNEWS

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。

【画像】素顔はシャイで好青年のHGさん

前回、芸人の三瓶さんからご紹介いただいた第43回のゲストは芸人のレイザーラモンHGさん。

ハードゲイキャラを押し出し、05年には大ブレイク。プロレス興行のハッスルでプロレスラーとしても活躍するなど一世風靡したが、09年にそのハッスルの興行で左足かかとを粉砕骨折し、約8ヵ月も芸能活動を自粛。翌年に復帰するが、現在は再ブレイクを期する日々。

前回は、なんと最近、週プレ本誌の袋とじグラビアに登場した奥さん(住谷杏奈)の話から絶頂期の舞台裏、プロレス愛まで話題が広がったがーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―なんかでもプロレスやってたらすごい憧れの存在とかいそうですけど。

HG まぁ、レイザーラモン自体はプロレスラーの名前をもじってるので。今、スコット・ホールって名前でやってる人ですけど、僕もRGも好きで。コンビの名前にした本人がいるんで、そこは会いたかったですけどね。

実は初期のハッスルにも上がってるんですよ。でも僕らが入る頃にはいなくなっていたんで、入れ違いで。

―時代がずれて…そういうのもありますよね、願っても叶わないものは何かしら。

HG 確かに。そこはまた会えると思って頑張るわけですけどね。まぁ彼もちょっと素行が悪くて、人気選手なんでオファーはあるんですけど、ずっとアル中でドタキャンしたり、暴力ふるったりとか…。

―いかにも往年のレスラー的な。ミッキー・ロークが演じた映画(『レスラー』)の主人公みたいな人生ですよね。

HG はい。レスラーの闇の部分も…。破天荒な感じなんで、またクビになっちゃったり。今、60手前くらいでちょっと最近見ないので、もう会えないかもしれないんですけど。

―実は僕も以前、『燃えろ!新日本プロレス』っていうDVDマガジンの担当を2年半ほどやっていまして。おかげさまで好評で、全50巻予定が67巻まで続いたんですが。

HG ああ、そうですか。

―昔の(アントニオ)猪木さんの草創期から90年代の闘魂三銃士を中心に最後は今の世代まで。毎日のようにプロレスの映像を観るという日々で…。その表情だと買われたことはなさそうですね(笑)。

HG ははは、そうっすね(笑)。全日派だったんですよ、僕。元々は馬場さんから入ったんです。中学校から見出したんで、90年代入る頃ですか。

―僕がHGさんの9歳上で、小学生の頃から70年代のまさに全盛期にプロレスを観ていた時代というか。金曜8時は新日、土曜8時は全日の両方でしたね。

HG いい時代ですね。僕はちょっと遅かったですね。放送も深夜でしたから。もう30分枠でね。

―ゴールデンタイムじゃなくなって。まぁ僕の頃は野球とプロレスしかないんで、当たり前にDNAに染みついている感じで、その仕事もできたんですけど。

HG 僕の頃はちょうどジャンボ鶴田さんがいて、四天王が鶴田越えなるかの世代闘争が一番面白い時期ではありましたね。

―では、進学校を目指して勉強しつつ、一方でプロレスにハマっていった中学時代と。

HG そうですね、はい。陸上部のマット借りて、柔道部のやつと一緒にプロレス技の練習をやったりとかもして。遊び程度でずーっと。

―体は元々いいんですよね。身長も高いですし。

HG いや、大きかったは大きかったですけどガリガリでした。65キロくらいで。小学校からサッカーやって、中学、高校くらいはやっぱりサッカー部で。バレー部とか誘われましたけど。

―勧誘されますよね、目つけられて。僕も野球やりたかったのが、なぜかバレーに。

HG なんかそれでダラダラとサッカーを続けまして。でも向いてなかったと思うんですよ。別に強い高校でもなかったんで、戦術とかないし。中2でこの身長(185cm)になったんですけど、来たボールをヘディングしとけみたいな感じで。まぁそれは強かったんですよ、頭ひとつ抜けてましたから。生涯の得点、9割はヘディングで決めてましたね。

でも、なんも楽しくなかった。ずっと別メニューでヘディングの練習してましたから。だから大学の時はやっぱ個人競技やりたいなっていうのでプロレスを。

―高校でも学祭でプロレスやったりはしなかったんですか。

HG あの…コントはやりましたけどね。お笑いも好きだったんでコントとか漫才をやってました。

―そっちのほうですか。僕の高校が仙台一高っていう、やっぱり地元では進学校なんですけど、学祭とかすごい熱あって力入ってるんですよ。僕の友達とかは必ず体育館にリング作ってプロレスやってました。

HG へえ! 僕はプロレスごっこだけはしてましたけど。まぁ関西だったんで、やっぱり学祭なんかはお笑いのほうが多かったですね。そっちも好きでしたし、当時、天然素材さんのブームで。漫才というよりはコントでしたね、はい。

―時代がひと回り違うんですが、小5くらいに親の仕事で大阪に転校して。TVつけたら松竹新喜劇が全盛期だったんで、めちゃめちゃ藤山寛美にハマって大好きでした。

HG 松竹新喜劇は渋いですねぇ。

―吉本だと、ちょうど(明石家)さんまさんがエアコンのCMで人気で。阪神のエースだった小林繁のマネをして「頼れるエースはアンダースロー~♪」とかやってるのが当時の思い出ですけど(笑)。

HG あ、それなんかわかります。やっぱ10年前だとそんなに差があるんですね。TVで松竹新喜劇やってるイメージなかったですから。いいっすね、寛美さん観れたんですね。見たことないですもん、ちゃんと。

―その同時代に観れたっていうのは自慢しちゃいますよね。でもHGさんもほんとプロレスにお笑いに欲張りで(笑)。

HG いや、欲張りじゃないですよ! みんなそうでしょ(笑)。いろんな趣味があると思うんですけど。

―勉強もしてるし。ベクトルが多岐に渡ってるじゃないですか。

HG でも、お笑いとプロレスは似てる気がしますけどね。ボケとツッコミじゃないですけど、プロレスも相手あってのものですし。

―攻めと受けが好きなんですかね(笑)。

HG 攻めと受け(笑)。ハードゲイもまぁ一応、受けは受けですけどね…ハードMって設定なんで。

―誰かと何かを作り上げるという、やりとりする過程が好きなんですか?

HG ああ、それはそうですね。ハードゲイキャラもピン芸ではありましたけど、元々、思いついた時は相方がそれでコントのネタ作ろうかって言って。やっぱ僕らって、いじる側には回れないと思ってたので、いじられて攻められてナンボっていう(笑)。

ツッコめる人はいっぱいるから、どうぞツッコんでくださいっていうスタンスで。まぁM気質なんですよ(笑)。そういう意味では。プロレス好きな人はそうかもしれないですね。

―一応聞いておきますけど、奥さんとの関係性においてもそっち系ですか?

HG はははは。奥さんは攻めますね(笑)。いや、何聞いてるんですか!?

―やっぱりそういうタイプを選んでしまうんですね(笑)。

HG ねぇ。それは私生活でもやっぱリンクするんですね。…いや、でもあれですよ、SMチックなことはしないですけど(笑)。何するにも向こう主導で。奥さんが決めてくれるのは楽は楽ですね。

―そのほうが男と女は長続きしますよね。尻に敷かれて、言うこと聞いているほうが万事円満で。

HG 間違いないですよ(笑)。男の変なプライドとかあったらこじれるだけですからね、はい。もう完璧に言うこと聞いてますよ(笑)。

―今どき、男が俺様になって強い旦那とかいってもね。

HG そんなね、古いですね。まぁ大概、間違ってるのこっちですし(笑)。

―それでやりあっても長期戦では女性が強いし、こっちが「ごめんなさい」するまで終わらない(笑)。

HG はい。最初に言うか、後で言うかってだけの違いで。結局、言うんですから。で、言いくるめられてね、完敗しますから。

―向こうが先に折れても、ストックされてまたブリ返して後々の火種にね。忘れない生き物なのかなと(笑)。

HG その辺はマニュアルじゃないですけど、やっていくうちに覚えていくもんですからね。

―一緒にいたら、そこは肝心ですよね。…また、奥さん話になってしまいましたが(苦笑)。じゃあ、そのお芸いでもプロレスにしても、そもそも自分の中に目立ちたがり要素はあった?

HG ありましたね。なんか、文化祭とか体育祭とかになると先頭立ってやるタイプでした。はい。

―見られる視線とか、晒されてる自分に恍惚(こうこつ)としたり?

HG やっぱり見られる喜びはありましたね。そこの芸風は今にも繋がっているというか。まず裸になったんですね、目立つために。とりあえず裸になって変な動きしとけみたいな。学生時代って、それで笑うじゃないですか? そういう笑いの取り方してたんで、今ハードゲイやってるのかなと。

―肉体使うとか下ネタは一番根源的というか、ベーシックなお笑いですよね。

HG いい言い方をすればベーシックですけどね(笑)。

―一般的にも特に男職場だと、必ず会社の社員旅行とかでありますからね。誰かが脱いで、宴会芸として露出したり、網タイツとか履いてSM芸なんかも定番で。

HG 大人でやってるのもどうかと思いますけどね。僕らまだ学生時代の話なんで(笑)。

―まぁ最近はモラハラも厳しいのでだいぶ減ってきてるでしょうけど。何歳になってもストレス発散は幼稚化するというか。子供って、ちんことかうんことか言ってるだけでゲラゲラ笑いますもんね。

HG まぁ童心に返ってというか。結局、それで笑っちゃうんですよね。今でもやっぱりおならで笑っちゃいますし。変わってないです、その辺は。

だから、芸歴重ねてくると後輩もできたりして、カッコいい笑いの取り方したいと思うのもあって。キレイなボケしてキレイなツッコみしたり…よく見られたいみたいな変なプライドが邪魔する時期もありましたけど。それ乗り越えると全然そういうベーシックな笑いで、いじられてなんぼやって、また思えるようになったのはよかったですね。

―やっぱり何歳になっても求めてもらえるなら脱ぐとか。それが自分の商売なら見せてなんぼみたいなね。井手らっきょさんの話なんか聞くと、それを極めてるなと。

HG らっきょさんは尊敬しますね。昔、パチンコ屋のお仕事が一緒で、僕がMAX忙しい時だったんですよ。で、2時間遅れくらいで現場に行ったら、らっきょさんが2時間ずっと(股間を指し)ここにあの天狗のお面つけて繋いでくれてたっていう。マジで「すいません!」って言って。

ほんまに汗だくで、あの格好で「おお、HG来たか」って。楽屋戻った時、頭下がる思いでしたけど。カッコよかったですね。

―プロの仕事を見せつけられた?

HG プロでしたね。これで2時間、何やったんですか!?って。カッコええなって思いましたね。

●続編⇒語っていいとも! 第43回ゲスト・レイザーラモンHG「奥さんとのペアヌードもありかなって…」

 

●レイザーラモンHG
1975年12月18日生まれ、兵庫県出身。大学時代、学生プロレスに没頭し、その繋がりで相方レイザーラモンRG(出渕誠)と出会い、お笑いコンビ「レイザーラモン」を結成。卒業後、一般企業に就職するもお笑い芸人の道を諦めきれず僅か4ヵ月で退職、よしもと興業入り。02年からハードゲイキャラとしての活動を開始し、05年にブレイク。同年にはプロレス興行のハッスルに出場、プロレスラーとしても活躍する。翌年には元グラドルの住谷杏奈と結婚。09年にハッスルの興行で左足かかとを粉砕骨折、約8ヵ月も芸能活動を自粛。10年に復帰し、現在はよしもとの劇場やTVで活躍中。2017年4月には写真集「OVERDRESS」を発売。

(撮影/塔下智士)

最終更新:7/31(月) 14:18
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.49
11月20日(月)発売

定価400円(税込)

日本に必要なのはハリルじゃない!/プロ野
球トライアウト「まだポンコツじゃない!/
アメリカ兵器ベストバイ【グラビア】大原優
乃/堀未央奈/加藤ナナ/松川菜々花 他