ここから本文です

異例の新人・竹崎由佳アナがデビュー。関テレからテレ東に移籍した理由とは?

7/23(日) 10:00配信

週プレNEWS

異例の肩書を持つ“新人アナ”がこの7月に本格的にデビューした。テレビ東京の竹崎由佳アナである。

彼女は青山学院大学を2015年に卒業後、関西テレビに入社。報道やバラエティ番組を中心に活躍していたが、今年5月28日ですべての番組を降板。突如としてテレ東に入社することが明らかになったのである。

「彼女は関テレ在籍中にテレ東の2018年度新卒採用試験をこっそり受験。応募資格を満たしていたため、新人アナとして採用されることになったんです」(芸能記者)

テレ東にはこれまでにも北海道テレビ出身の西野志海(もとみ)アナ、RKB毎日放送出身の福田典子アナがいるが、準キー局から、しかも新卒採用というのは異例のことである。

「テレ東は1999年から専門職としてのアナウンサー採用をスタートさせたことに加え、毎年、新卒採用をしていたわけではなかった。他のキー局は生え抜きにこだわっていますが、人材不足のテレビ東京はそうもいっていられない。とにかく即戦力を求めているんです」(同局関係者)

竹崎アナにも全国区で活躍したいという思いがあったようだ。

「元々、子役出身で、映画『血と骨』ではビートたけしの娘役を演じていた。また、中学時代には『ホリプロタレントスカウトキャラバン』に3度挑戦している。とにかくハングリー精神が強く、関西ローカルでは満足できなかったのではないでしょうか」(関テレ関係者)

花咲く時がやって来た?

最終更新:7/23(日) 10:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.39-40
9月11日(月)発売

特別定価500円(税込)

米中「サイバー宇宙大戦」は始まっている!
/アップデートせよ防空法/ハリルジャパン
 ロシアまでの強化プラン【グラビア】齋藤
飛鳥/大原優乃/渡邉幸愛/塩地美澄 他