ここから本文です

MotoGPの今季前半戦総まとめ。優勝者続出で空前のカオス状態に!

7/23(日) 8:01配信

Number Web

 ロードレース世界選手権の最高峰クラスのMotoGPクラスは、昨年、シーズン最多記録となる9人のウィナーが誕生した。

 今年もシーズン前半戦の9戦を終えて5人のウィナーが誕生している。その5人のポイント差が26点。上位4人に至っては、わずか10ポイント差という大接戦。

 こうして2年連続の大混戦に「今年もMotoGPは面白い」と感じているレースファンは多いようだ。

 大接戦になっている最大の理由は、昨年からMotoGPクラスにタイヤを供給しているミシュラン・タイヤのパフォーマンスにある。1レースに支給されるタイヤは、前後ともにソフト、ミディアム、ハードの3種類。路面温度に対して敏感で、ベストなパフォーマンスを発揮する温度レンジが狭いと言われるミシュランだが、それは1社供給時代になっても変わっていないようだ。

今季前半を振り返ってみると……。

 どのタイヤを選択するかで勝敗が決まる。

 フリー走行、予選でしっかりセットアップを済ませ、決勝でライバルたちと同じタイヤを選択していたとしても、ちょっとしたコンディションの変化でまったくパフォーマンスを発揮できないことも多い。

 つまり、決勝レースは「走ってみないとどうなるかわからない」というレースが続いているのだ。

 そこで、これまでの9戦を振り返ってみたい。

 ディフェンディングチャンピオンで総合首位のマルク・マルケスは、2勝を含む5回の表彰台で129点。

 総合2位のマーベリック・ビニャーレスは、3勝を含む4回の表彰台で124点。

 総合3位のアンドレア・ドビツィオーゾは、2勝を含む3回の表彰台で123点。

 総合4位のバレンティーノ・ロッシは1勝を含む4回の表彰台で119点。

 総合5位のダニ・ペドロサは1勝を含む5回の表彰台で103点。

 ノーポイントのレースは、マルケスとビニャーレス、そしてペドロサがそれぞれ2回。ドビツィオーゾとロッシが1回ずつとなっている。

1/3ページ

最終更新:7/23(日) 8:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

933号
8月9日発売

定価590円(税込)

甲子園ライバル伝説。

田中将大/ダルビッシュ有/筒香嘉智/大谷翔平/松井秀喜/清原和博
47都道府県ライバル対決