ここから本文です

女性はクルマで男を判断した…速いクルマ、カッコいいクルマに乗ってればモテた80年代クルマモテ論

7/23(日) 8:50配信

週刊SPA!

80年代の若者といえば、何はともあれクルマ。いいクルマに乗ることは、若者のみならず男の憧れであり、今では考えられないステイタス。そんな時代に青春を謳歌したカーライフの申し子による80年代クルマ回顧録(文/清水草一)

⇒【写真】日産ガゼールをはじめとした、歴代のクルマ

 私が免許を取ったのが1980年。つまり80年代カーライフの申し子と言ってよかろう! なにせ当時のクルマってのは一種のスター。カーライフといえば、それは誰のものであってもスターの生活みたいなもので、地味だろうが貧乏だろうがみんな関心を持ったし、話題の中心だったんだよ!

 というか、当時の若い男の生活は、クルマを中心に回っていた。生活における太陽のようなものですね。

 そして特筆すべきは、女性たちもクルマを非常に重視していたという事実だ。今じゃ考えられないが、当時の女性は、クルマを男の価値の一部として見ていたのだ!

 70年代に書かれたフランチェスコ・アルベローニの名著『エロティシズム』は、女性が男性を判断する材料の一つとしてスポーツカーを挙げているが、80年代の日本でも女性はクルマで男を判断した。もちろん全部じゃないけど、今でいえば学歴とか就職先くらいの重みはあった。東大卒ってだけで、誰だって一目置くよね? いいクルマに乗ってるってことは、それくらい重要なことだったのだ。

 では、女性がなぜ男のクルマを重視したか。

 いいクルマで迎えに来てくれる男は、一流企業の社員みたいなもの。そういう男と付き合うことは、女性にとって自分の価値を高めてくれる要素だったのだ。よって女性たちは、いいクルマに乗っている男を、それだけでかなりプラス評価した。思えば夢のような時代でした……。

 では、男たちはモテるためにいいクルマに乗ったのか?否である。それはオマケのようなもので、男がいいクルマに乗りたがったのはズバリ、スピードへの情熱からだった!

 当時、高級車への憧れもあるにはあったが、なんといっても重要だったのは速さだ。高級車なんてオッサンが乗るもので、若者はひたすら速いスポーツカーに憧れた。今でこそスポーツカーは女性に一番嫌われる車種だが、当時はもっともモテたのだ!

 ただ当時は、今と比べても日本は貧乏で、国産車はドングリの背比べ的に遅く、速いクルマを買うのは極めて困難。よって多くの若者は、「速そうに見えるクルマ」でその欲望を満たした。それがスペシャルティカーである。

 私が最初に乗ったクルマは、日産ガゼール。シルビアの兄弟車で、ベースはバイオレットという平凡なセダンだったが、カッコが速そうだったのでヒット! 私も1800ccの平凡なエンジンをブチ回して爆走しました。

 そんな我々の前に彗星のごとく現れたクルマ、それが初代ソアラだった。光り輝くカッコいいスタイルに、2800cc170馬力のエンジンを積み(当時にすれば想像を絶する大馬力)、お値段は298万円! 当時、国産車で約300万円なんて目ン玉が飛び出るほど高かった。日本なんてそんなもんだったんだよ!

 ちなみに外車は雲の上の存在で、視界に入ってませんでした。

 私は周囲の友人たち同様ソアラに憧れまくり、父親にも「ソアラはいいよ~」と言いまくった。その甲斐あって父はホントにソアラを買った! 別にねだったわけじゃなく、オッサンではあっても父も男。カッコいいクルマへの憧れは十分あったのだ。そういう時代だったんです。

 父のソアラが納車されると、大学生だった私はさっそく借りて、ゴルフサークルの練習に乗っていきました。

 ソアラを見た女子大生たちは大コーフン! 「乗りたい! 乗りたい!」と殺到した。ウソじゃないよ、ホントだよ! 私は「4人までしか乗れないんだよね~」ともったいぶって、定員いっぱい女子大生を乗せて、そこらをグルっと一周した。本当の話です。

 80年代、速いクルマはモテたわけですが、速く走ることもまたモテた。今じゃクルマで飛ばすなんて「バッカじゃないの?」「怖いから降ろして!」と言われるのがオチだが、当時の女性は飛ばさない男を腰抜けと見なし、飛ばす男を高評価したのだ。今とまったく逆です。

 私は地味なおとなしい性格でしたが、ハンドルを握ると人が変わるタイプで、「何人たりともオラの前を走らせねえ!」と爆走しました。いつでもどこでも全開で飛ばしていたのですが、当時の女性はそれを大変喜んでくれました。ゆっくり走っていると「なんで飛ばさないの?」とせがまれたし、「前のクルマ全部抜いて!」と言われたこともある。隔世の感……。

 そんなカーライフの晴れ舞台は、スキードライブでした。

 愛車でスキー場に向かう。アクセル全開で! これぞ男の見せどころ! 『私をスキーに連れてって』の世界そのもの! つっても映画みたいにセリカGT‐FOURとか買えないので、タイヤチェーンを巻いて爆走するのですが、そこでチェーンを素早く装着できるかどうかも男の価値の一部だった。

 私も事前に練習してスキーに備えましたよ! スキーの練習じゃないよ、チェーン装着の練習だよ! スタッドレスタイヤはまだ普及していませんでした。

 若者はより速いクルマを求め、時代はそれに応えた。80年代は、バブル景気に向かって国産車は目覚ましく速くなっていったのだ。

 就職した私が初めて自分のカネで買ったのは、日産サンタナ。VWサンタナを日産が座間工場で生産した半外車だ。半分でも外車ってのはスゴイ威光だった。私は「これがドイツ車の直進安定性か!」と大感動しました。速度無制限のアウトバーンは、日本男児全員の憧れでしたので。

 そして1989年。私は280馬力のフェアレディZを買って、80年代を締めくくった。最初のガゼールが115馬力。9年後に280馬力。日本経済がバブルに向かって盛り上がるのに比例して、日本のクルマ熱もまた史上最高値をつけたのだ!

 そんなバブル期に超高騰したクルマ。それがフェラーリでした。定価2500万円のテスタロッサが5000万円、定価4500万円のF40が2億6000万円で取引された。

 当時、私の究極の憧れは身の程知らずにもフェラーリになっておりましたが、その後バブルが崩壊しましたので、4年後の1993年、中古車を買うことができました(現在の328GTSは通算11台目のフェラーリ)。

 ガゼールからフェラーリへ。思えばそんな高度成長は二度となかろうて。ワッハッハ!

【清水草一】

モータージャーナリスト、高速道路研究家。1962年、東京都生まれ。慶応大学卒業後、出版社を経てフリーに。クルマ関連、道路関連の著作多数。大乗フェラーリ教教祖でもある。別名MJブロンディ

写真/池之平昌信

日刊SPA!

最終更新:7/23(日) 8:50
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月15・22日合併号
08月08日発売

¥440

・[東京VS地方]貧困のリアル
・[情弱ビジネス]騙しの最新手口11連発
・[神戸5人殺傷事件]報道できない裏側
・猛暑の[悪臭スポット]を測定してみた