ここから本文です

まるでアート作品のような愛らしい街 サン・ミゲル・デ・アジェンデの色香

7/23(日) 12:01配信

CREA WEB

 海抜2240メートルの高原盆地に位置する、メキシコの首都メキシコシティ。人口約2000万人というこの巨大都市から北へ向かう旅で出合うのは、カラフルな街並みや民芸品、ワインにメキシカングルメ……。歴史と現代が融合するメキシコ中央高原への旅は、発見と感動に満ちていた。

カラフルでキュートな街サン・ミゲル・デ・アジェンデの歩き方

 メキシコ中央高原北部にある、標高約1900メートルの洗練された都市、サン・ミゲル・デ・アジェンデの朝は美しい。ヨーロッパの田舎町を思わせる暖色系のレンガ家が、太陽光を受けて煌めく朝靄に包まれ、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだかのような幻想的な雰囲気を醸し出す。

 まだ人気の少ない朝、街の中心部を目指して歩いていると、ピンク色の愛らしい教会が目の前に現れる。サン・ミゲル・デ・アジェンデのシンボルである「パロキア教会」だ。

 近年、欧米人の移住先として人気が高く、外国人旅行者も増加していることから、おしゃれなショップやカフェが続々と誕生し、モダンに進化しているサン・ミゲル・デ・アジェンデ。新旧のカルチャーが程よく融合されたハイセンスなコロニアル都市の魅力を、五感で満喫してみたい。

一日の始まりは人気のカフェでオーガニックな朝ごはん!

 パロキア教会から歩いて数分の距離にある「Posada Corazón B&B(ポサダ・コラソン B&B)」の中には、朝ごはんが人気のオーガニックカフェが。60年代のメキシコ邸宅を改装した趣ある建物の周囲には、生き生きと緑が生い茂り、街の中心部にいることを忘れてしまうほどのリラックスした時間が流れている。

 地元のオーガニック野菜を使ったメキシコ料理のほか、特製フレンチトーストやパンケーキなどインターナショナルメニューも種類豊富にラインアップ。

 もう一軒、いま注目のオーガニックカフェを紹介したい。街の中心部から車で少し走った住宅地にあるオーガニックレストラン「Via Organica」だ。

 店内には、地元の生産者から買い付けた新鮮な野菜や、焼き菓子やパンなどオーガニックフードがずらり。

 店内では、サン・ミゲル・デ・アジェンデ近郊で育ったフレッシュな野菜をたっぷり使った、メキシコ伝統料理や季節のサンドイッチ、特製フレッシュジュースなどを味わうことができる。

Via Organica(ビア・オルガニカ)
http://viaorganica.org/

1/3ページ

最終更新:7/23(日) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年11月号
10月7日発売

定価780円(税込)

やっぱり行きたいね、京都。

京都おいしいごはんリスト
坂口健太郎「好青年の別の顔」