ここから本文です

伊丹十三考案、たいめいけんのふわトロオムライスの作り方

7/24(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 昭和の時代から変わらぬ味を伝える老舗の名店の秘伝テクニックをこっそり伝授してもらいました! 映画監督の故・伊丹十三氏が考案した、たいめいけんの名物、タンポポオムライスは、オムレツをのっけるタイプ。切ればトロ~リ、半熟卵が絶妙。

 では、教えてもらったレシピを紹介しよう。

◆材料
(1人分)
卵…3個 温かいご飯…茶碗1杯分 鶏もも肉…60g 玉ねぎ…8分の1個 マッシュルーム…2個 グリーンピース(缶)…15g ケチャップ…大さじ2 バター…大さじ1 白ワイン・塩・こしょう…各適量

◆作り方
【1】玉ねぎはみじん切り、鶏もも肉は角切り、マッシュルームは薄切りにする。
【2】フライパンにバターの半量を入れ、【1】とグリーンピースを入れて中火で炒め、鶏肉に火が通ったら、白ワインとケチャップを入れて混ぜる。ご飯を加えて全体をよく混ぜたら、塩・こしょうで味を調える。
【3】卵はよく混ぜ、ざるで濾す。
【4】別のフライパンに残りのバターを入れ、強めの中火にして【3】を一気に流し入れ、菜箸で手早くかき混ぜる。卵が少し固まってきたら片側に寄せて形を整え、裏返してサッと焼き、柔らかいオムレツを作る。
【5】【2】を皿に盛って【4】をのせ、食べる前に切れ目を入れてオムレツを開き、好みでケチャップ適量をかける。

※ポイント
●卵液は濾すとなめらかな食感に
 卵白の白い部分などを取り除くことで、卵の舌触りがなめらかになり、トロッと仕上がる。

●約1分で素早く半熟オムレツを成形
 卵を半熟状に焼き、フライ返しやスパチュラなどを使ってオムレツ状にまとめる。

※女性セブン2017年8月3日号