ここから本文です

スローウエアのショップイベント月1開催の理由

7/24(月) 15:00配信

WWD JAPAN.com

 「インコテックス(INCOTEX)」「ザノーネ(ZANONE)」「モンテドーロ(MONTEDORO)」「グランシャツ(GLANSHIRT)」の4ブランドを手掛けるイタリア・ヴェネツィアのスローウエア(SLOWEAR)が、世界で顧客拡大のためのコミュニケーション戦略に乗り出した。その一環で、7月22、23日、東京ミッドタウンの直営店「ザ スローウエア ストア」で、イタリアの代表的カクテル「ネグローニ」などを紹介するパーティーを開いた。このショップイベントは、世界の各店で予定しており、テーマを変え、今後、毎月1回開催する計画だ。サムスングループと提携している韓国・ソウル店でのイベントを終えて来日したマルコ・ムジアーノ=スローウエア コミュニケーション・ディレクターは、「ライフスタイルを楽しむのがスローウエアのコンセプト。スローウエアが提案するファッション、シティライフ、グルメ、エンターテインメントなどを顧客と共有し、ファンをさらに増やしていく。このイベントをクラブのような存在にしたい」と話した。

 ブランドのフィロソフィー発信を目的に、先ごろ、スローウエア発のマガジンも発表した。年2回出版する予定で、直営店と9月、ヨーロッパとアメリカでスタート予定のeコマースにおいて7ユーロ(約800円)で販売する。2018年1月に発売予定の次号は、特集の一部で東京にフォーカスするという。

 先ごろ、ミラノに1600平方メートルのショールームを開設し、今秋、ローマとトリノにショップをオープンする。現在の店舗数は世界で42、日本は東京ミッドタウンと大丸神戸店にある。「今のわれわれはニュースが満載。着実に成長している」と、さらにプロジェクトが進行中だ。

最終更新:7/24(月) 15:01
WWD JAPAN.com