ここから本文です

家電コーディネーターが選ぶ注目の新ジャンル家電10選

7/24(月) 6:30配信

@DIME

新製品はより軽量でコンパクト、さらにAIやIoT技術などが加わり驚くほど多機能なものが次々発売された。そこで最新家電の中でも特にチェックしたいアイテムを、家電の目利きがおすすめした!

◎これぞ技あり目玉家電!キーワードは「新ジャンル」

 今年上半期も例年どおり、数々の新家電が登場した。注目すべきは「従来にはなかった、新しい提案や進化が見られることです」と戸井田さん。

 衣類を蒸気でリフレッシュするクローゼット型家電や、体幹トレー二ングができるインテリア性の高いチェアなどは、これまでにはなかった全く新しい新ジャンルの家電だ。また、生活家電がIoT化したことで、スマホがエアコンのリモコンになったり、冷蔵庫と会話ができるようになっているのも、最近の新しい進化と言える。

 「これらの傾向はこの先もますます広がるはず。また今後、家電の進化を牽引するのは新規参入組だと思います。老舗メーカーとは文化が異なる企業による斬新な提案により、家電市場はさらに活性化が進むでしょう」

 と戸井田さんは予測する。

 新しい家電の登場は、なにより我々のライフスタイルを変え、より快適なものにしてくれるはず。今後の進化にも大いに期待したい!

■人気ウオーターオーブンに待望の新色が登場!!

シャープ『ヘルシオ グリエ』オープン価格(実勢価格約4万円)

『ヘルシオ グリエ』にホワイトとブラックの新色が5月下旬より仲間入り。過熱水蒸気を使って食材を加熱。パンをもちろん、揚げ物を温め直せば、揚げたてのような食感を復元できる。幅41.2×高さ21.8×奥行き31.5cm。

[ トイダCheck!]付属の「アルミトレイ」とは別に「コーティングトレイ」(別売り:2000円)が登場。汚れが落ちやすく手入れがグッと楽になります!

■水圧と衝撃波によって頑固な汚れを除去

パナソニック『ジェットウォッシャードルツ EW-DJ71』
オープン価格(実勢価格約1万7000円)

歯磨き後に使う口腔洗浄器。水流の中に小さな気泡を作り、それが弾ける衝撃波によって、歯ブラシでは取りきれない汚れを弾き落とせる。幅12.5×高さ28(ノズル含む)×奥行き14cm。

[ トイダCheck!]新たに加わった機能の超音波水流によってブラシの行き届かない歯の隅までクリーニング。使用後は本当にサッパリ。爽快感が癖になります。

■チューブレスで楽々装着&測定

オムロン ヘルスケア『オムロン 上腕式血圧計 HEM-7600T』
オープン価格(実勢価格約2万1000円)

本体とカフ(腕帯)が一体化した上腕式血圧計。2つをつなぐチューブをなくし、どの向きで装着しても使えるため扱いやすく、気軽に測定できる。幅12×高さ8.5×奥行き2cm。

[ トイダCheck!]専用アプリと連動することで、計測結果をスマホで管理。同メーカーの「体組成計」など他の計測器と一緒に確認できるのも便利です。

■好みの温度を保ってお湯を注げる

ティファール『アプレシア エージー・プラス コントロール 0.8L』
1万1500円

60、70、80、85、90、95、100℃の7段階から好みの温度でお湯が沸かせる電気ケトル。飲み物ごとに適した温度でいれられる。幅16×高さ20×奥行き21cm。

[ トイダCheck!]温度設定後に「保温ボタン」を押すことで、指定したお湯の温度を1時間キープできる。2杯目も好みの温度ですぐにおいしくいただけます。

■3つのセンサーで洗濯物を確実に乾燥

三菱電機『サラリ MJ-120MX』
オープン価格(実勢価格約5万円)

洗濯物の位置や量、状態に合わせてパワーが調節される衣類乾燥除湿機。赤外線と温度、湿度センサーの3つのセンサーによって的確な情報を検知できる。幅36×高さ53.4×奥行き21cm。

[ トイダCheck!]急いで乾かしたい子供の体操着や上履きなど、対象をピンポイントで正確に狙うことができるようになったのは便利!

■手軽に体幹を鍛えられ、リビングチェアとしても使える

パナソニック『コアトレチェア』
オープン価格(実勢価格約32万4000円)

座面がVの字に揺れるのが基本の動き。腕を上げるなどの動きを加えつつ身体の軸がぶれないように意識することで体幹が効果的に鍛えられる。約幅70×高さ88×奥行86cm。

[ トイダCheck!]シートは鞁形に変形。またがる姿勢をとることで内腿の筋肉をかなり使うため、ワンセット15分だけでも運動効果を実感できます!

■献立の悩みを冷蔵庫が解決

シャープ『プラズマクラスター冷蔵庫 SJ-TF49C』
オープン価格(実勢価格約37万5000円)

スマホと連携で、買い物メモが作れる。最近買った食材から献立を提案してくれたり、冷蔵庫が学習して買い足すタイミングを教えてくれる。幅68.5×高さ182×奥行き69.9cm。

[ トイダCheck!]一方通行の音声ガイドではなく、会話ができるのがすごい! 旬の食材は冷蔵庫から学ぶのが今後スタンダードになるかも!?

■服のしわやニオイをケアできるクローゼット型家電

LGエレクトロニクス『LG styler』
22万8000円

掛けておくだけで、庫内に充満するスチームと、左右に揺れるハンガーラックでホコリや花粉・ニオイを除去。しわもすっきり伸ばしてくれる。幅45.5×高さ185×奥行き58.5cm。

[ トイダCheck!]細身の洋服ダンスの大きさなので、一般家庭でも置けるサイズです。コンセントさえあれば設置できるのもおすすめしやすいポイント。

■スマホでどこでも簡単エアコン操作

アイリスオーヤマ『ルームエアコン Wi-Fi・人感搭載シリーズ』
7万9800円~9万9800円

専用アプリをスマホにダウンロードすれば、スマホがリモコンに早変わり。帰宅途中にエアコンの電源をオンにすれば、快適な温度で迎えてくれる。幅79.5×高さ25×奥行き23cm。

[ トイダCheck!]一般的なエアコンにWi-Fi機能をつけると、手間とコストがかかり面倒。本製品はもともとWi-Fi機能が内蔵されていて余計な手間がかかりません。

■自宅でも極上のコーヒーが飲める

パナソニック『The Roast』10万円

生豆のQRコードをスマホで読み込むことで簡単に最適な焙煎ができる。毎月、世界各国からいろいろな種類の生豆が届くので飽きずに楽しめる。幅13×高さ34.2×奥行き23.8cm。

[ トイダCheck!]家庭用の焙煎機というだけでも珍しいのに、スマホ操作が可能で、かつ生豆の定期購入とセットでの販売スタイルが斬新!

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIME編集部

最終更新:7/24(月) 6:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年12月号
10月16日発売

定価600円

Amazonを使い倒す超賢ワザ
『iPhone X』を買うべき10の理由
開発の裏側も見せます!無印良品の家電学