ここから本文です

【インタビュー】「話せるのはここまで」。辣腕SDモンチがギリギリまで明かした、欧州最高峰のスカウティングシステムの秘密

7/24(月) 20:07配信

footballista

開拓者が描く、新時代の移籍マーケット

INTERVIEW with
MONCHI
モンチ


2000年から今年まで17年間にわたりスポーツディレクターを務めたセビージャでは、就任当時2部だったクラブを5度のEL制覇など9タイトルを手にする強豪へと変貌させ「セビジスモの象徴」と崇められたモンチ。惜しまれつつセビージャを去り、来季からはイタリアのローマに活躍の場を移す辣腕SDが『フットボリスタ』だけに明かしてくれた、欧州でも最高峰と評価されるデータを活用したスカウティングメソッドの秘密を特別公開。


インタビュー・文/木村浩嗣
写真 ヘスス・スピノラ


15年で変わった仕事環境
“デスクに居ながら世界中に手が届く”


――テクノロジーの発達によってあなたの仕事はより楽になりましたか?

「そうだね。情報のデジタル化が進んだことによって多くの試合をより短い時間でチェックできるようになり、我われが把握する選手のマーケットは大きく広がった。わざわざ試合を見に行く必要がなくなり、ある選手を見るために90分間座っている必要もない。1試合の選手1人のアクションは映像にすれば5分間ほどに過ぎないのだからね。『クリホビアクの攻撃時の個人技を見たい』とか『サンテティエンヌの試合開始後15分間の守備アクションを見たい』とか思ってもワンクリックすればすぐに映像が見られる。選手ごとチームごとにアクション別に試合の映像は細分化されすぐに呼び出せるようになっているんだ。世界中のサッカーに、デスクに居ながらにして手が届くのは技術の進歩のおかげだよ」


――選手情報のデータバンク「Wyscout」を利用しているそうですね。

「その他にもいろいろなソフトやデータ情報サービスを使っているが、世界中の選手の映像を見たり、試合を見たりするためには『Wyscout』を使っている。このサービスによってスポーツディレクターの仕事はずい分楽になったよ」


――あなたの仕事にとってデータはあればあるほど良い、という感じですか?

「そうだね。今サッカー界にはデータがあふれている。戦術、技術、フィジカルもすべて数値化されるようになった。試合が終わり24時間もすればリサーチ会社『InStat』、『AMISCO』などからチーム別、選手別の詳細な統計データが届き、『Mediacoach』、『Nacsport』などのソフトを使って戦術も技術も徹底的に分析される」


――そうしたデータは戦術分析のスタッフとも共有しているのですか?

「そうだ。我われは選手個人のプロフィールをより完璧にするためにデータを使い、テクニカルスタッフは戦術分析、フィジカル管理などのために使っている」


――中には役に立たないデータというのもあるのでしょう?

「基本的にすべてのデータには使い道があると考えている。選手獲得時により確かな選択ができるからだ。例えば監督に『サイドで運動量のある選手が欲しい』と言われれば、『1試合平均走行距離が11km以上』というフィルターをかけて検索すれば良い。我われにとって走行距離は役に立つデータというわけだ」


――氾濫するデータに溺れるということもあるのではないですか?

「データは使いようだよ。執着し過ぎてはいけない。データだけで選手を獲得することはなく、判断材料の一つに過ぎないのだから。例えばメッシの走行距離は8kmそこそこの試合もあるが、だからといって失格の烙印を押すことなんてできないだろう?」


――あなたがスポーツディレクターに就任した2000年の夏と比べると、仕事の環境は大きく変わったのではないですか?

「天と地ほどの差があるよ。あの時代は勘頼りのところが大いにあった。もちろん、なるべく多くの選手を見ようと私も努力していたんだが……。結局のところ膨大なデータが何の役に立っているかというと、我われの選手の選択ミスを最小限にしてくれるということだ」


――その前の90年代、あなたはセビージャの選手だったわけですが、当時のスカウティングの仕事は想像できますか?

「私の場合はセビージャの近くのカディスに住んでいたから見に来て獲ってくれたのだと思う。あの時代はビデオテープがあっちこっちに行きかっていた時代で代理人からの情報が貴重だった。今でも口コミは重要な情報源になる可能性はあるのだが、売り込まれた時にはその選手は我われのリストに入っていることがほとんどだ」


――あなたは何も運に任せたりしない完璧主義で知られています。

「サッカーには運不運が付き物だ。君がやるべきことは努力によって運の影響を最小限にすることだ」


――一方で膨大なデータが誰にでも手に入るようになったことで、あなたのアドバンテージは少なくなったとも言えませんか?

「そんなことはないよ。データ収集の一方で、人的な主観的な仕事の部分は残っている。ある選手がチームに適応できるかどうか、チームスタイルに合った適性を備えているかを知るには我われの経験と知識が必要だ。これは幾何学ではない。データを入力すれば機械が選手を選んでくれるわけではないんだ。人の主観的な判断が最終的には選択の決め手になる」

1/3ページ

最終更新:7/24(月) 20:07
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 052
12月12日(火)発売

特別定価950円(税込)

[特集]
ワールドカップ32カ国 組分け決定
日本と、世界と、革新する戦術