ここから本文です

夏は、タンパク質とビタミン、ミネラルが一気にたっぷりとれる「パワーサラダを」!

7/24(月) 17:10配信

OurAge

サラダといえば女性に人気のヘルシーメニュー。なかでも最近、デリなどで注目を集めているのが、肉や魚介、チーズ、卵などをプラスしたごちそう風サラダだ。野菜が持つ豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維はもちろんのこと、美肌や美ボディ、元気な毎日に欠かせない栄養素である「タンパク質」がプラスされるので、よりヘルシー。必要な栄養素が、ひと皿でバランスよくとれ、ちょっとおしゃれなルックスで食卓も華やかになる。

この、タンパク質をプラスした「パワーサラダ」、特にアラフィフ女性のための条件は3つ!
1.良質なタンパク質がしっかりとれる食材が必ず入っている。
2.ビタミン、ミネラル、食物繊維など、女性を元気にする栄養が豊富。
3.加工食品を極力避けて、添加物の摂取を減らす。

今回は、バルサミコ酢ベースのソースをたっぷりとからめていただく、「ローストビーフとクレソンのサラダ」をご紹介。脂質の少ない牛もも肉からタンパク質を摂取し、相性のいいクレソンには抗酸化作用がある。まずは、ローストビーフとソースを作ろう。

●ローストビーフとソース(作りやすい分量)
牛もも肉のかたまり400gに、すりおろしたにんにく1片分をすり込み、塩、こしょうをし、しばらく置いて常温にもどす。フライパンに油を熱し、牛もも肉の各面を3分ずつ中火で焼く。小ボウルにバルサミコ酢大さじ2、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1、はちみつ大さじ1を混ぜ合わせてフライパンに加え、ふたをして弱火で5分時々ひっくり返しつつ煮る。火を止めたらそのまま置いて粗熱を取る。肉を取り出して残ったソースを煮つめ、冷ます。

●サラダは、2人分として、ローストビーフ100gを薄くスライスし、クレソン1束は食べやすい長さに切る。ラディッシュ1個、マッシュルームは3個は薄く切る。皿に野菜を適度に散らしてその上にローストビーフを盛り付け、ソースをかける。

ちなみに、このサラダで摂れる1人分のタンパク質は11.1g、食物繊維1.2g。
肉や野菜を増やせば、メインとしてもいただける。さっぱりと食べたい夏にはぴったりだ。

最終更新:7/24(月) 17:10
OurAge