ここから本文です

【MLB】敵地少年ファンとキャッチボール 若きスターが見せた一流の品格に称賛の声

7/24(月) 9:21配信

THE ANSWER

ヤンキースのジャッジが敵地で心温まる交流「この子供は絶対に忘れない」

 ヤンキースの若きスラッガー、アーロン・ジャッジ外野手が敵地シアトルのセーフコ・フィールドで試合中に野球少年との心温まるキャッチボールを行い、称賛を呼んでいる。

【動画】これが「一流の品格」、マリナーズ帽の少年とフェンスを越え、試合中に心温まる交流…MLB公式インスタグラムが紹介したジャッジの“夢のキャッチボール”

 メジャーの未来を担う若きスーパースターとマリナーズファンの少年の交流があったのは、現地時間20日の4連戦初戦だ。

 ヤンキースが4-1のリードで迎えた9回裏のことだった。ライトの定位置に入ったジャッジは、スタンドの最前列でグラブを手に目を輝かせる少年を発見した。マリナーズの帽子にシャツという姿。明らかに相手チームのファンに見えた。しかし、ジャッジは気にすることなくこの少年とキャッチボールをスタート。満面の笑みの少年は、スタンド最前列から背番号99の胸元にボールを投げ込んだ。

 現マーリンズのイチロー外野手の“世界一のファン”でありながら、マリナーズの熱狂的なファンとしても有名なエイミー・フランツさんのすぐ隣で、夢のような光景は広がっていた。

 ニューヨークでテレビ中継していた「イエス・ネットワーク」の実況が「アーロン・ジャッジはこのイニングの準備を進めています。そこで若いファンとウォーミングアップを始めましたよ」と紹介。すると、解説者は「これはクールですね」と唸り、実況は「クールですよ。この子供は絶対に忘れないでしょう」と続けた。

 この心温まるワンシーンをMLB公式インスタグラムも動画で紹介。すると、敵地にも関わらず、野球ファンを大事にするジャッジの粋なキャッチボールにファンから称賛の声が集まった。

宿敵レッドソックスのファンも称賛「一流のジェスチャーだ」

「これはアメージングだ。自分の身にこんなことが起きたとしたら絶対に忘れられないよ」

「一流の品格だ」

「プライスレスだ」

「子供たちはマリナーズファンだけど、ジャッジのファンでもあるんだ」

「ジャッジを愛さずにいられない」

「とてもクールだ。万事こうでなくっちゃ」

 ジャッジのジェスチャーを高く評価する声の中には、ヤンキースの宿敵レッドソックスファンも存在した。

「彼はヤンキースだけれど、レッドソックスファンの心がある。このビデオはクールだ」

「一流のジェスチャーだ。そして、私はヤンクスを憎んでいる」

 日頃の模範的な振る舞いから、2014年限りで現役を引退したデレク・ジーター氏の後継者としても期待が集まる若きスーパースター。セーフィコ・フィールドで見せた野球少年との“講習”で、不倶戴天の宿敵のファンをもほっこりとさせた今季MVP候補の新人は、ベースボールファンの心を一気に鷲掴みにした様子だ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:7/24(月) 12:15
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。