ここから本文です

イスで有名なハーマンミラー、働く人を「立ち上がらせる」システムを開発

7/24(月) 12:11配信

WIRED.jp

「アーロンチェア」「イームズラウンジチェア」などで有名なハーマンミラーが、イスに座っている人に対して「立ち上がること」を提案するシステムを開発した。家具のセンサーが人の動きを分析するクラウドプラットフォームで、その真の狙いはビッグデータを活用したオフィス空間づくりにあった。

オフィスチェアなのにシンプルで美しい──英デザイナーが椅子の「過剰な機能性」に一石

米国の家具メーカーであるハーマンミラーは、100年近くにわたって「人を座らせること」をビジネスにしてきた。同社を象徴する製品には、オフィスチェアの「アーロンチェア」や、古典的名作の「イームズラウンジチェア」などがある。

ところが、彼らの最新製品「Live OS」は、座っている人に対して「立ち上がること」を提案する。

しかもLive OSは家具ではない。人のオフィス空間の使い方をトラッキングするクラウドプラットフォームだ。デスクの下に赤外線センサーを取り付けると、Live OSはユーザーが座ったときや立ったとき、デスクに向かったときや離れたときに記録し、美しいデザインのダッシュボードに情報を表示する。

ハーマンミラーの家具には、センサーが内蔵されているものもある。たとえば、一人ひとりのユーザーに合わせて勤務時間中に決まった間隔で自動的に高さが変わるデスクなどだ。

ハーマンミラーによると、Live OSの目標は2つあるという。まず、座ってばかりいる従業員の癖を直すサポートをすること。そして、従業員が家具とどのように付き合っているか、そのデータを企業に提供することだ。

全員が同じサイズのデスクを使う時代は終わった。従業員は狭い間仕切りの内側に閉じ込められることを望まず、人とコラボレーションしやすい共用空間を求めている。ただし、未来に向けて最適化したオフィスをデザインできるようになるには、従業員たちが何を必要とし、空間をどのように使うかを理解しなければならない。

Live OSのディレクターを務めるライアン・アンダーソンは、次のように話す。「作業効率の高い空間をつくる最適な方法を知るのは難しい、という意見があることは十分に承知しています。測定する方法はほとんどないのですから」。Live OSは、取得したデータによってその穴を埋め、従業員たちが空間全体をどのように移動するのか、その全体像を明らかにする。

最初にLive OSを使うとき、従業員はどの程度の頻度で立ち上がるのかを目標設定する。その後、デスクのセンサーから集められたデータを使って、従業員の動きがトラッキングされる。その情報に基づいて、机の高さを変える時間になると、軽い振動と柔らかい光の点滅で知らせてくれる。3回知らせても従業員の反応がない場合は、その日の提案を無視するのかと確認してくる。「さりげなく便利な存在になることを目指しています。規則に従うことを要求するのではなく、利用者の役に立つものなのです」とアンダーソンは言う。

企業は個々のデスクがどのように使われているかをトラッキングできるが、名前やユーザーを特定できるデータは消去される、とアンダーソンは説明する。重要なのは、個々の従業員をトラッキングすることではなく、オフィス全体の大きな傾向について理解を深めることだ。ハーマンミラーはこれらの機能の利用料金として、昇降式デスク1台あたり年間60ドル、高さ固定式のデスク1台あたり年間36ドルを徴収する。

ハーマンミラーは「ユーザーが必要とするものをユーザー本人よりも早く予想できるオフィスを構築する」という目標のもと、いずれはすべての製品がネット接続に対応した家具シリーズを発売する計画だ。そのためには、できる限り多くのデータを集める必要がある。

アンダーソンによると同社は引き続き、木やプラスティック、ガラスを使って美しいものをつくるために最善を尽くしていくという。しかし、新しい材料も追加される。それがデータなのだ。

ELIZABETH STINSON

最終更新:7/24(月) 12:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc

Yahoo!ニュースからのお知らせ