ここから本文です

岡村隆史が暴露「借金まみれ」ジミー大西が絵描きをやめた理由

7/24(月) 16:04配信

SmartFLASH

 俳優・小出恵介の未成年との淫行によって、お蔵入りとなった、ネットフリックスのドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』。

 明石家さんまのプロデュースで、タレント・ジミー大西の半生を描くドラマだが、本来であれば、この7月に配信予定だった。しかし、小出の代役を立てて再撮影されることが決定している。

 お笑いの仕事にこだわるさんまがドラマのプロデュースとは、なかなか珍しい仕事だが、そもそもなぜこの企画がスタートしたのか。実は、ジミー大西の借金を返済するためだったという。

 ジミー大西が今年5月にテレビで語ったところによると、所属事務所の社員からお金を借りており、それを知ったさんまから 「社員に金を借りんな! なに考えてんねん!」と怒られてしまった。

 しかしその後、さんまがこのドラマの企画でジミーに声をかけてくれたのだとか。「ジミーさんの借金を返すために、このドラマを始めたんですか?」と聞かれ、「きっかけは、そうです」と答えていた。

 また、借金は完済できそうとも話していたが、いったいなぜ借金がかさんでしまったのか。一時期は、故・岡本太郎などの勧めで、絵描きとして活動していたのだが……。

 その理由を、ナインティナインの岡村隆史が、ラジオで語っていた。

「ジミーさんが、焼き鳥屋さんでアルバイトを募集してるのを見たら『時給850円』って書かれてて。

 ジミーさんって、絵を描いてはるから、『絵を描いて、時給どれくらいなんやろな?』って思って計算したら、時給350円くらいやったんですって。

 何時間もかけて絵を描いてるけど、計算したら350円くらいやってわかった瞬間、筆を全部折ったんですって、バキバキに」

 時給350円では、いくら頑張っても稼げるはずもない。それにしても、後輩の借金返済まで手伝ってくれるとは、さんまの面倒見のよさは果てしない。

最終更新:7/24(月) 16:04
SmartFLASH