ここから本文です

蛭子能収のゆるゆる人生相談「彼女を金持ちに寝取られた」

7/24(月) 11:00配信

女性自身

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(69)が、本誌読者からの相談に答える!

【Q】「彼女を“金持ちリーマン”に寝取られました。金を稼いだ者が成功者という世の中。金を出しても買えないものってあるんですか?金さえあれば、人の心だって買えますよね!!」(ボンビー鈴さん・19・学生・福岡県)

【A】「人の心はお金じゃ買えないが、オレの心はお金で買えます!」(蛭子能収)

明日、久しぶりに平和島競艇場に行きますが、今朝、電子マネーの「Suica」を落としました。7000~8000円も入っていたんです。ただでさえ小遣い減らされているのに……。あれがあったら3レースは遊べましたよ。憂うつな気分だから、あまり相談は受けたくないですね。

19歳の男性の悩みですか……。オレが19歳のときは、20歳になるまで競艇ができなかったから、ずっと我慢していました。ようやく誕生日に競艇場に行きましたが、あの感動と興奮は今でも覚えています。そして、何歳になってもブレずに競艇を続けようと決心しました。

アナタが、自暴自棄ではなくて、人生、金がすべてと思っているのなら、それをずっと貫けばいいんですよ。人の心も金で買えると考えているなら、その信念を貫き通せばいいだけです。人からどう思われてもいいじゃないですか。オレは、金で他人の心は買えないと思っています。ただ、明日の競艇で遊ぶお金を出してくれるなら、オレの心なんて売っちゃいますけどね……テヘっ!

最終更新:7/24(月) 11:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2798号・11月14日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

座間事件 実名報道で黙殺された遺族たちの嘆願
役所広司 資産16億円支える4歳年上妻の凄腕経営
満島ひかり 共演者呆然の映画祭ドタキャン騒動