ここから本文です

アイドルが水着、イラストレーターは裸…ヤマハがなぜかサウナ動画公開

7/24(月) 19:15配信

KAI-YOU.net

「サウナ・水風呂・外気浴」というフレーズとともに、アイドル、タレント、文化人らが気持ちよくなっていくWebムービー「サウナとトリシティでととのった!」篇が、2017年7月24日(月)に公開された。

【ネットで一番人気のあるイラストレーター・岸田メル先生の裸】

ヒャダインさんが総合音楽をプロデュース、歌はMICOさん(SHE IS SUMMER)が担当。

キャストには人気イラストレーターの岸田メルさん、生ハムと焼うどんの西井万里那さん、吉田豪さん、虹のコンキスタドールなど、異色すぎるメンバーが集結。皆、全身でサウナ愛を表現するカオスな内容に。

ヤマハが全力でサウナ推しを披露するこの動画に、視聴者からは「YAHAMA頭おかしい」「バイクのCMなんだよな…?(困惑」「なんだよ吉田豪のサウナシーン無いじゃん!」といった感想が寄せられている。

日本サウナ・スパ協会が協力の下でサウナーが制作

映像は、ヤマハ発動機が展開するフロント二輪「トリシティ」の魅力を伝えるため、日本サウナ・スパ協会の協力によって制作。

監督は、夢眠ねむさん(でんぱ組.inc)との映像ユニット“スミネム”で知られるスミスさんと、自身も週一以上でサウナに通うサウナー・YGQさん。クリエイティブプロデューサーは、でんぱ組.incなどのプロデュースを担当するもふくちゃんさんが務めた。

サウナ好きの間では、一般的に、サウナに入って心身ともに全力でリフレッシュすることを、“ととのう”と表現する。

そして、“ととのう”ために推奨されているサイクルとして、サウナ後に水風呂、そして外気を浴びるという「サウナ→水風呂→外気浴」というループを3セットほど繰り返すのが基本だ。

動画では、上司の理不尽な説教はじめ、落として画面の割れたスマホ、芸能人のスキャンダルを狙っているパパラッチ…など、ストレスフルな現代社会をサウナに行くことで乗り切ろう――というメッセージのもと、温冷を繰り返した後に外気浴で訪れる開放感や“ととのう”という味わい深い感覚を、「トリシティに乗って風を浴びること」に置き換えているという。

1/2ページ

最終更新:7/25(火) 12:35
KAI-YOU.net