ここから本文です

お金から自由になるために必要な2つのこと --- 内藤 忍

7/24(月) 16:50配信

アゴラ

「お金の専門家」として資産運用の仕事を20代から30年以上やってきました。そして自分自身でも、資産運用を実践し、自分のやり方で資産構築を行ってきました。お金まみれの人生のように思われるかもしれませんが、その過程で確信するようになったのは、「お金は人生の目的にはならない」ということです。

お金のために働く、お金にために本当にやりたいことができない。若い頃は、そんな人生を送りたくないとずっと思い続けてきました。そんなお金に縛られない生活を実現するために必要なものは、逆説的になりますが「お金」です。

お金が無くて、自由を感じられなかった時には、いつもお金のことを考えていました。保有している資産の計算をしたり、将来のシミュレーションをして資産額を予想したり。そんなことばかりしている自分は、何だか守銭奴のセコい感じがして、あまり好きではありませんでした。

5年前に金融機関での仕事を辞めて、少しずつお金に対する見方が変わってきました。自分の資産運用の世界が大きく広がったことによって、お金との付き合い方が随分変わりました。

自分の資産がいくらなのか、あまり気にならなくなり、これからどんな投資をしたら面白いか、役に立つかという視点で物事を考えるようになりました。必要なお金を手に入れることによって、お金の束縛から解放されていくのを実感しています。

お金から自由になる生活を実現するには、お金が必要。だから、これからも自分の考え方が役に立つと思ってもらえる人に、お金のことを教えていきたいと思っています。

そして、これから学びたい新しいテーマは、お金をどうやって「手放すか」です。

お金は自分の資産でもありますが、社会の公器と考えることもできます。資産を保有している人はそれを自分だけで抱え込むだけではなく、社会に循環させる使命を持っていると思います。投資、消費、寄付、さまざまなお金に関わる行為が、世の中を変える力になる。だから自分が持っているお金をどう使うかは、自分だけではなく社会にとってもとても大切なことになります。

自分の資産形成のことばかり優先するのではなく、そのお金を社会に還元させるにはどうしたら良いのか。手に入れたお金を上手に活用することによって、お金を人生の「目的」から人生を豊かにする「手段」に変えることができます。

お金から自由になるためには、お金を手に入れて、それを手放すことが必要。

「お金の専門家」として、そこまで極められるよう精進したいと思います。


※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年7月23日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログ(http://www.shinoby.net/)をご覧ください。

内藤 忍

最終更新:7/24(月) 16:50
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム