ここから本文です

開幕戦メンバー外も敵地観戦のパチューカ本田 スーツ姿での登場にメディアも注目

7/24(月) 14:50配信

Football ZONE web

筋肉の違和感により、プーマスUNAMとの開幕戦を欠場

 メキシコの名門パチューカに移籍した日本代表FW本田圭佑は、リーガMX(メキシコリーグ)開幕戦は負傷を抱えるなど自身のコンディションが整っていなかったためベンチにも入らなかったが、敵地にスーツ姿で現れて試合観戦した様子、そして本田目当てのファンが訪れたと、「マルカ」紙メキシコ版が報じている。

【写真】パチューカ移籍の本田が新戦力のなかで“センター”に君臨! クラブ公開の垂れ幕でビッグネームの配置

 現地時間23日に行われたプーマスUNAMとの開幕戦、パチューカは前半30分に相手MFカスティージョにゴール25メートルの位置から鮮やかな直接FKを叩き込まれて先制を許した。この失点を挽回できず、チームは黒星発進となった。

 試合後ディエゴ・アロンソ監督が「ホンダは筋肉に違和感を抱えている。3、4週間後のデビューになる」と負傷の状態を話し、本田のメキシコデビューは8月以降になると明言した。

 しかし、本田はチームの一員としての気持ちを強めているようだ。招集メンバーに入っていなかったものの、試合会場のエスタディオ・ウニベルシタリオに足を運んだと写真付きで紹介。チェック柄のスーツに身を包み、関係者に向けてサムアップのポーズを取った姿、熱心に試合を見つめる様子が写真に収められている。

日本代表ユニフォームを着た観客の姿も

 またこの日のスタジアムには、敵地にもかかわらず日本代表のユニフォームを着用した家族連れの姿もあった。代表での本田の代名詞である「背番号4」を着用した子供が手を振っている様子も撮影されている。

「日本人ブームによって、アジアのチームのユニフォームを来た何人かも来た」と記事ではレポート。デビューこそお預けとなったが、本田の存在感は現地でも注目されているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/24(月) 15:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ