ここから本文です

Tビル利回り上昇、債務上限引き上げ交渉失敗を先取り? --- 安田 佐和子

7/24(月) 17:00配信

アゴラ

バロンズ誌、今週のカバーは金融規制改革を取り上げる。トランプ米大統領は2月3日に米大統領令(https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2017/02/03/presidential-executive-order-core-principles-regulating-united-states)で金融規制改革を促し、下院は6月8日、金融規制改革案である金融選択法案(CHOICE)(https://financialservices.house.gov/choice/)を可決、財務省は2月の米大統領令に合わせドッド・フランク法廃止を求める提示案(https://www.treasury.gov/press-center/press-releases/Documents/A%20Financial%20System.pdf)を送付した。7月10日に、トランプ米大統領は銀行規制担当の米連邦準備制度理事会(FRB)副議長を指名。金融規制の緩和に向け、トランプ政権は着実にステップを踏んでいるように見える。規制緩和に向けたトランプ米大統領の目的は、中小企業への融資促進だ。銀行融資と米国の国内総生産(GDP)は高い相関関係があるため、融資が伸びれば成長加速も夢ではない。カンファレンス・ボードの予想では2017~18年の成長率は2%付近に過ぎないが、フーバー・インスティチューションが公表したFRB議長候補3人による成長率3%説(http://mybigappleny.com/2017/07/21/ecb-17july/)にも、現実味が帯びて来る。あとは金融機関のボーナス制度を変更すれば、さらに成長を押し上げる可能性が高まるだろう。カバーの一連の内容は、本誌(http://www.barrons.com/articles/how-to-deregulate-wall-street-without-causing-a-crash-1500702223?mod=BOL_hp_highlight_1)をご覧下さい。

当サイトが定点観測する名物コラム・アップ・アンド・ダウン・ウォールストリート、今週は債務上限引き上げ交渉を前に上昇するTビル(米国財務省短期証券)に注目する。抄訳は、以下の通り。

1/2ページ

最終更新:7/24(月) 17:00
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム