ここから本文です

ピケが「ネイマールのバルサ残留」を明言! 2ショット写真をSNSに投稿

7/24(月) 13:41配信

SOCCER DIGEST Web

パリSG移籍で合意に達したとされていたが…。

 パリ・サンジェルマンへの移籍が注目を集めているバルセロナのネイマール。しかし、現地時間7月23日、チームメイトのジェラール・ピケが自身の『インスタグラム』で、ブラジル代表FWの残留を示唆している。
 
 バロンドール獲得を夢見るネイマールは、リオネル・メッシという絶対的な存在がいるバルサでは2番手の立場から抜け出せないため、すでに退団を決意し、パリSG移籍に気持ちが傾いていると言われていた。
 
 アメリカの『ESPN』も22日、ネイマールは代理人である父親とともにパリSGと数回に渡り会談を行ない、条件面では基本合意。契約解除金が2億2200万ユーロ(約281億6000万円)と超巨額のため、UEFAが設けている「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)」を同クラブがいかにクリアするかが残る課題だと報じていた。
 
 しかし、チームメイトのピケは23日に自身のインスタグラムにネイマールとの2ショット写真を投稿。「Se queda.(彼は残るよ)」とメッセージを添えて、同僚の残留を明言している。
 
 今回の移籍騒動に対して、ネイマール自身は口を閉ざしたままだが、バルサ側はフロントがブラジル代表FWの売却を断固拒否すると声明を出し、監督、チームメイトともに慰留に努めている。とくにリオネル・メッシやルイス・スアレス、ピケが説得に当たっているという情報もある。
 
 ネイマールは22日のユベントス戦(インターナショナル・チャンピオンズカップ)で2ゴールを奪い、2-1の勝利に貢献。そのクオリティーを改めて見せつけている。
 
 パリSGへの移籍が現実味を帯びてきた中で飛び出した、ピケのネイマール残留宣言。情報が錯綜する中、今後どのような展開を見せるのだろうか。

「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

最終更新:7/24(月) 13:41
SOCCER DIGEST Web