ここから本文です

“人類最速男”ボルトが愛するマンUへ意見!「僕なら間違いなく…」

7/24(月) 19:39配信

SOCCER DIGEST Web

マンUをこよなく愛するボルトの望みとは?

 短距離走界のスーパースターであるウサイン・ボルトが、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチのマンチェスター・U復帰を熱望した。英紙『サン』が伝えている。
 
 オリンピックでは2008年の北京五輪、2012年のロンドン五輪、2016年のリオ五輪と3大会連続で金メダルを獲得し、100mと200mの世界記録保持者として名高いボルトは、大のサッカー・ファンとしても知られている。
 
 そんなボルトがとりわけ愛しているのが、プレミアリーグのマンチェスター・Uだ。以前からファンであることを公言し、2015年には「多分かなりうまくやれる」と同クラブのトライアルに参加しようともしていた。
 
 そんなボルトは、これまで何度もマンチェスター・Uのチーム戦略に対して意見してきたが、今回はイブラヒモビッチの復帰を望んでいるという。
 
 サン紙が伝えたところによれば、現在のマンチェスター・Uについて問われたボルトは、「ズラタンこそ世界最高の一人だ。それに昨シーズンもユナイテッドのために貢献してくれただろ? 彼をもう一度獲得するチャンスがあるなら、僕なら間違いなく契約するね」と語ったという。
 
 人類史上最速の男から復帰を希望されたイブラヒモビッチは、4月20日に行なわれたアンデルレヒト戦(ヨーロッパ・リーグ準々決勝・第2レグ)で右膝十字靭帯を断裂。現在は、マンチェスター・Uとの契約更新破談のキッカケとなったその重傷のリカバリーに努めており、ピッチに戻ってくるのは10月以降になると見られている。
 
 最近はマンチェスター・Uの練習場でリハビリしているという“王様”イブラヒモビッチの去就は、いまだ不透明なまま。当人は7月1日にインスタグラムで「俺がやって来て、俺が言って、俺は征服した」とマンチェスターでのキャリア終幕を匂わせれば、同月13日には、「近いうちに大きな発表がある」とマンチェスター市内に詰めかけたメディアに向かって発言してもいた。
 
 一連の報道に関してマンチェスター・Uの指揮官であるジョゼ・モウリーニョは、「もちろんオープンだ。我々に多くを与えてくれた彼を待とう」とイブラヒモビッチとの契約に関して決断を急がないとしている。
 
 はたして、マンチェスター・Uをこよなく愛するボルトの望みは叶うのか? イブラヒモビッチの動向から目が離せない。
 

【2017年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

最終更新:7/24(月) 19:39
SOCCER DIGEST Web