ここから本文です

日本人選手が次々と米ボクシング最大手の中継に登場する理由 軽量級はこんなにも魅力的だった

7/24(月) 16:01配信

現代ビジネス

(左からエストラーダ、ゴンサレス、クアドラス。マニアにはたまらない興行だ Photo By Tom Hogan, K2 Promotions) 一流を意味する“スーパーフライ(Superfly)”と銘打たれた9月9日の興行が、スーパーフライ級史上、いや、軽量級史上に残るイベントであることは説明の余地もないだろう。

 9月9日(日本時間10日)

 カリフォルニア州カーソン スタブハブセンター

WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ王者
シーサケット・ソールンビサイ(タイ/ 30歳 / 42勝(38KO)4敗1分)
vs.
前王者
ローマン・ゴンサレス(ニカラグア/ 30歳 / 46勝(38KO)1敗)

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
王者
井上尚弥(大橋/ 24歳 / 12戦全勝(9KO))
vs.
アントニオ・ニエベス(アメリカ/ 30歳 / 17勝(9KO)1敗2分)

WBC世界スーパーフライ級挑戦者決定戦
元王者
カルロス・クアドラス(メキシコ/ 29歳 / 36勝(27KO)1敗1分)
vs.
元WBA、WBO世界フライ級王者
ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ/ 27歳 / 35勝(25KO)2敗)

(前戦は微妙な判定とはいえ、2連敗は許されない。ゴンサレスにとって絶対に負けられない一戦だ Photo By Tom Hogan, K2 Promotions) シーサケットとゴンサレスの因縁のリマッチをメインに、アンダーカードでは過去にゴンサレスと激闘を演じたクアドラスとエストラーダがエリミネーションバウトで対戦。さらにマニアの間でも渡米が待望されてきた“モンスター”井上が、ついにアメリカのリングに上がる。前座にはライトフライ、フライ級の2階級制覇王者ブライアン・ビロリア(アメリカ)も登場し、まさに軽量級オールスターの様相を呈している。

カリフォルニアが舞台でありながら、主役はタイ、ニカラグア、メキシコ、日本、プエルトリコ系アメリカ人(ニエベス)といった主に外国籍のボクサーたち。実に国際色豊かで、合計6人のプロモーターが絡むイベントをまとめ上げたK2プロモーションズのトム・ローフラーをまずは高く評価したい。

 「HBOが軽量級のファイトを放送し始めたことにスリルを感じている。未来の好ファイトにも繋がる今興行の中継を決めたHBO(のトップ)のピーター・ネルソン氏を賞賛したい」

 キックオフ会見でローフラーがそう述べていた通り、最近では米プレミアケーブルの雄HBOがスーパーフライ級を熱心にサポートしている。今回の興行もトリプルヘッダーの形で全米生中継。ここで勝ち抜いた選手たちが、その後にさらなるサバイバル戦を行っていくプランが明白に見えてくる。

(世界的に無名のニエベスは井上相手にどんなボクシングをみせるか Photo By Tom Hogan, K2 Promotions) 軽量級の放送に消極的だった過去とは一線を画し、HBOがスーパーフライ級に興味を持ち始めた理由はどこにあるのか。まず第一に、ゴンサレス、井上といったファンを喜ばせられる魅力的なファイターが現れたことが大きい。それと同時に、中量級以上と比べて安価で済むことが影響しているのだろう。

HBOの親会社であるタイムワーナーがAT & Tに買収される話が進んでいるため、HBOスポーツ部の先行きも不透明。局内の人間ですら未来が見えない状況下で、ボクシング中継に過去のように大金を費やすわけにはいかない。

全盛期のHBOはボクシングに約1億ドルの予算をつぎ込んだが、2015年は3000万ドル、昨年は2500万ドルまで減少。今年はここまで放送した全9興行のうち、3つは局側の懐が痛まないPPV中継だった。昨年度より予算削減がさらに進むことはもう確実だろう。

1月28日の興行に登場した4選手(ミゲール・ベルチェルト、フランシスコ・バルガス、ミゲール・ローマン(すべてメキシコ)、三浦隆司(帝拳))のファイトマネーが合計わずか47万5000ドルだったのを始め、レギュラー放送も安価のイベントばかり。渋い状況に見切りをつけ、これまでメインのクライアントだったトップランクは7月よりESPNに“移籍”してしまった。

1/2ページ

最終更新:7/24(月) 16:01
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。