ここから本文です

【ひよっこ通信(17)】みね子と島谷の恋に急展開! まさかのCMデビューも?

7/24(月) 7:15配信

ザテレビジョン

朝から爽やかな青春ラブストーリーを展開している、有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

【写真を見る】こちらが赤面するほど、みね子(有村)&島谷(竹内)はラブラブだったのだが…

7月17日からの第16週では、みね子(有村)の最初の就職先である向島電機の元舎監・愛子(和久井映見)がみね子を訪ねて来て、シェフの省吾(佐々木蔵之介)に一目ぼれしたことを打ち明けたり、奥茨城の青年団長&副団長コンビ・太郎(尾上寛之)と豊作(渋谷謙人)が上京し、太郎が高子(佐藤仁美)に一目ぼれして、手紙でプロポーズしたり…。

見合い話で暗雲が立ち込めつつも、変わらずラブラブのみね子と“好青年オブ・ザ・イヤー”候補・島谷(竹内涼真)など、ラブまみれの1週間だった。

本作のあらすじを毎週紹介する連載「ひよっこ通信」。今回は第17週『運命のひと』の第97~102回までの1週間をまとめて予習する。

ちなみに、“ひよっこ記者”的に第16週で注目した人物は、相変わらずの存在感を示した“愛子さん”こと和久井だ。

その前の週からちょいちょい、すずふり亭の周りをうろついて、高子に不審者扱いされていたので、てっきりみね子がちゃんとやっているのかを見に来たのかと思いきや…まさかのシェフをチラ見しようともくろんでおったとは…。セシルもビックリだべ!

初対面でいきなり「一目ぼれしました!」と省吾本人に告白しちゃうあたりが愛子さんらしいけども、その後も省吾の姿を見るために足しげく「すずふり亭」に通い、それに気付いた省吾がお礼を言おうと話し掛けようとすると「まだ、喋らないでください。スターに恋してるみたいな感じなので、離れて見ているのがいいんです」と言い放っちゃうあたり、もう最高に自己中心的でたまらんべ。

この愛子の“乙女心”、高子は「分かるわぁ~」と深くうなずいて同意してたけども、大体の男性は省吾と同じように「キョトン顔」をするべな。「一目ぼれしたって言うたのそっちやん!」と、関西人が怒りそうなエセ関西弁を使ってでも、心の中でツッコまずにはいられねえべ。

ほな、第17週の「ひよっこ」はどないなるんや?

■ 第97~102回/7月24日(月)~29日(土)放送

みね子が由香(島崎遥香)から「島谷(竹内涼真)は実家の経営難で縁談を勧められている」と聞いてから月日が流れ、季節は冬になった。変わらず交際を続けていたが、ついに島谷から「話がある」と呼び出される。

別れを覚悟して行くと「家族と縁を切るつもりだ」と切り出され、驚くみね子。島谷の気持ちをうれしく思うが…。

一方、すずふり亭では高子が結婚報告をする。お相手はみね子もよく知っている、奥茨城村のあの男だった。鈴子(宮本信子)は長年働いてくれた高子に感謝し、店のみんなで祝福する。

数か月後、あかね荘に向島電機の元舎監・愛子が引っ越してくる。一番の目的は片思い中の省吾だが、持ち前の明るさで住人たちともすぐに打ち解ける。

そんな中、すずふり亭には人気女優の世津子(菅野美穂)が来店。「おいしかった」と料理も店も褒められ、省吾をはじめみんなが誇らしい気持ちになる。

そしてある日、みね子は常連客であるテレビ局のプロデューサーから懇願され、急きょコマーシャルに出演することに。テレビ局に行って説明を受けるが、用意されたせりふはみね子にはつらいもので…。

■ ひよっこ記者の裏ネタ

今回は、ラブ全開もといラブ絶頂の高子を演じる佐藤仁美について。

佐藤は「『またか!』と思いましたね(笑)。私はお酒が大好きですし“朝の顔”ではないはずなので、『NHKも変わっているな』と思いました」と先日の取材で語っていたが、この作品で5度目の「朝ドラ」出演となった。

彼女のデビュー作「海がきこえる~アイがあるから~」(1995年、テレビ朝日系)も「ひよっこ」と同じく岡田惠和が脚本を務めており、佐藤が出演していた「さよなら私」(2014年、NHK総合)のスタッフも多いようで、佐藤は「そういう縁で声を掛けてもらえたんだ」と、今回の起用について自己分析していた。

かねてより「今度こそは役で結婚したい」と公言している佐藤に、すずふり亭の男性陣で気になる相手がいるかを聞いた際は「そうですね…。省吾さんと結婚したら、すずふり亭は私のものなんだろうなとは思いますよね(笑)」と語っていたが、その時点では思いもよらぬ相手との結婚が第17週で描かれる。

「実は『役で結婚する』っていうのは、かないそうなんです…」とうれしそうに語っていた佐藤、悲願の結婚報告の模様はその“瞳”でしっかりと見届けっぺ! そうしたら砂糖よりも甘い笑顔を見せる佐藤に、キュンキュンしてまうべな。

って、それはさ~どうだかな…。

最終更新:7/29(土) 15:02
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2017年号47号
11月15日

特別定価:360円