ここから本文です

「PSGはサンチェスの代わりにネイマールを狙っている」。ヴェンゲルが主張

7/24(月) 12:21配信

フットボールチャンネル

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、パリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナのブラジル代表FWネイマールの獲得に動いているのは、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの代役としてだという考えを述べた。23日付の英紙『ミラー』などが伝えている。

【動画】ベッカムVSシメオネ!サッカー史に残る因縁の真実とは?

 PSGはここのところ、ネイマールの獲得に迫りつつあるとして大きな騒ぎを引き起こしている。バルサとの契約に設定された契約解除金2億2200万ユーロ(約287億円)の全額を支払う意志があるとみられており、実現すればサッカー界の移籍金の史上最高額を大幅に更新することになる。

 一方で、PSGはサンチェスの獲得に動いているとも報じられている。4000万ユーロ(約58億円)のオファーを準備し、ネイマールとのダブル補強を狙っているという見方もある。だがヴェンゲル監督は放出に応じない姿勢を貫き、サンチェスが交渉のためパリを訪れていた模様だという報道も信じないと主張した。

「彼がパリにいたとは思わない。PSGはサンチェスを手に入れることができないのでネイマールを獲りにいくのだろう」とヴェンゲル監督は話している。

「最近3日間か4日間の(仏紙)レキップを読んだが、話題はサンチェスからネイマールへと移っている。今はネイマールの話をしているが、数日前にはサンチェスだった。何か書くために話題が必要なのだろう」と同監督は続けた。

 PSGはサンチェスの要求する高額年俸に難色を示し、交渉が停滞しているとの報道もある。マンチェスター・シティからの関心も噂されているが、サンチェスはどこでシーズンの開幕を迎えることになるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ