ここから本文です

定番はドリア! ファミレスの「最安値お食事メニュー」比較

7/25(火) 15:00配信

マネーポストWEB

 豊富なメニューが大きな魅力のファミリーレストラン。しかし、ドリンクバーやライス、サラダ、スープなどのセットを頼んだら、意外とお金がかかってしまったという経験も多いのではないだろうか。

 そこで、あまりお金をかけずにファミリーレストランで食事をするべく、各ファミレスチェーンの最も安い「お食事メニュー」をリサーチしてみた。

 今回調べたのは、サイドメニューやデザートではなく、ご飯やパスタなどの主食が入った「お食事メニュー」。ハンバーグやステーキについては、パンやライスのセットと一緒に頼むのが一般的ということで除外。あくまでも1品で食事として成立するメニューのみを対象とした(以下、メニューと値段はいずれも7月中旬時点)。

 まずは、ファミレスチェーンの中でも“高級路線”として知られる『ロイヤルホスト』での最安値メニューは、「ハムとチキンのクラブハウスサンド」で830円(税抜、以下すべて同)だ。ボリュームたっぷりのサンドイッチで、フライドポテトの付け合わせとともに提供される。値段の方は決して安くはないが、満足度は十分だ。

 続いて、ハンバーグレストラン『びっくりドンキー』。こちらの最安値は「レギュラーバーグディッシュ 150g」668円(一部店舗では価格が異なる)だ。1皿にハンバーグとサラダとライスが盛られたメニューで、ガッツリ食べたいときにはよさそう。

 最安値メニューが3種類あるのが『ジョナサン』。「たらこと貝柱のスパゲティ」、「海老のマカロニグラタン」、「B.L.T.サンド」の3つのメニューがそれぞれ699円で最安値となっている。値段を気にしつつも、3つから選べるというのはありがたいところだ。

ドリア、雑炊は最安値メニューの定番

 中華レストラン『バーミヤン』では、499円の「バーミヤンラーメン」と「チャーハン」が最安値メニュー。専門店なら700~800円くらいするのが当たり前のラーメンを500円以下で食べられるというのは、お得感があるかもしれない。ラーメンとチャーハンを一緒に頼んでも1000円と考えれば、さらにお得な気もする。

1/2ページ

最終更新:9/26(火) 17:08
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。

Yahoo!ニュースからのお知らせ