ここから本文です

電子マネー使い地方に寄付 負担ゼロ、ポイントも還元

7/25(火) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 普段の買い物に電子マネーを使うだけで、自動的に特定の自治体へ寄付ができる新しい地域貢献が広がっている。情報技術(IT)によって手間や負担を感じることなく地方を応援できるうえ、ポイント還元などのメリットもある。返礼品競争の過熱で、曲がり角を迎えつつあるふるさと納税に匹敵する存在に育つかもしれない。

■0.1%が自動的に

 「電子マネーを使うだけで気張らずに地元を応援できる」。岐阜県出身で現在は神奈川県に住む会社員の男性(42)は、最近入手したカードに満足そう。その名も「飛騨市ファンクラブ会員証」。らしからぬ名称ではあるが「楽天Edy」を搭載し、全国約49万カ所で使えるれっきとした電子マネー付きカードだ。
 今年3月、岐阜県飛騨市が発行を始めた。電子マネーを使うと利用額の0.1%が自動的に飛騨市に寄付される。利用者には使用額の0.5%のポイント還元があり、負担はゼロ。寄付は楽天Edy(東京・世田谷)の「持ち出し」だ。前出の男性は「ふるさと納税は手間がかかるし返礼品ありきで違和感があった」。
 飛騨市はこれまでに約800枚を発行。申込者には名刺も送る。知人らに配って観光促進に一役買ってもらう狙いで、名刺持参で市を訪れた人には地元商店が特典を用意する。
 「当初の目標だった1000枚は早々に達成できそう」(市担当者)。楽天Edyは広島県福山市でも同様の仕組みをもつカードの発行を予定しており、今後も連携する自治体を増やしたい考えだ。

 地域活性化に一役買う電子マネーが増えている。「ポイントがたまるとうれしい」。北海道苫小牧市の総合体育館を訪れた小学6年生の女の子は、館内入り口の端末に「とまチョップWAON」と書かれたカードをかざしてにこにこ顔だ。
 昨年8月に発行が始まったこのカードはイオンの電子マネー「WAON」を搭載し、飛騨市と同様、利用額の0.1%が市に寄付される。ただ、このカードには「とまチョップポイント」という市独自の地域ポイント機能も入っている。

1/2ページ

最終更新:7/25(火) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。