ここから本文です

高須院長、公判後の民進党コメントに激怒「徹底的に戦う」

7/25(火) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、民進党の大西健介議員と蓮舫代表を名誉毀損で訴えた裁判や、蓮舫代表の二重国籍問題などについてお話をうかがいました。

 * * *
──民進党の大西健介議員と蓮舫代表との裁判の第1回口頭弁論が7月24日にありました。

高須:大西議員と蓮舫さんが来てくれるんじゃないかと期待していたんだけど、結局来なかったね。ちゃんと話したかったんだけどなあ。

──院長は意見陳述をなさったんですよね。

高須:そうだね。大西議員が陳腐だと言った「イエス!」というキャッチコピーは亡くなった妻が考えたものだとしっかり話した。「これは妻の遺産であって、大切な宝です」とね。僕は、いかがわしいものとされてきた美容整形を後ろめたいものではないということを伝えるために頑張ってきた。それを高須クリニックが詐欺まがいのビジネスをしているかのような印象を与える発言をした大西議員は、どうしても許せないと、まっとうな主張をしてきたよ。

──結局第1回口頭弁論では、高須院長の意見陳述だけで終わったんですよね。

高須:僕が意見陳述をして、次回の公判期日が決められて、それで終わり。被告人サイドからは何の主張も反論もなかった。なのに、民進党は産経新聞のニュースで、「被告らは、本日の答弁で、原告が主張する名誉毀損が成立せず、原告の主張が認められないことを詳細に明らかにした」「被告ら勝訴の判決が早期に下されるものと確信している」なんてコメントしているんだよ。まったく意味がわからない! 反論も何もしていないのに、「詳細を明らかにした」とか「勝訴を確信している」とか、一体どういうことなんだ? 完全に嘘をつかれている。

──これは予め用意していたコメントということなんでしょうか…。

高須:どうなんだろうね。ただ、いずれにしろ、このコメントは嘘。どうしてこんな嘘をつくんだろうか。蓮舫さんにツイッターで意見を求めたけど、無視されたしなあ…。しかも、嘘のコメントを出しておいて、勝利を確信するというのは、本当に意味がわからないよ。むしろ、戦う気すらないのだろうか? 被告がこんな怠惰だというなら、これはもう徹底的に戦うしかない。僕は絶対に勝つよ。

1/3ページ