ここから本文です

【Meiji.net連載コラム「保険」vol.6】専門家に相談するのは勇気がいる?

7/25(火) 11:00配信

Meiji.net

◇ひとつの窓口で多数の保険会社の商品を比較できる「来店型保険ショップ」が増えている

中林 真理子(明治大学 商学部 教授)

 前回は、社会のニーズに合わせて新しい保険が次々と登場してくる話をしました。保険商品はものすごく複雑なのに、さらに商品が増えていくと、私たちが自分で保険を選ぶのは本当に難しいことになってしまうでしょう。

 実際、保険会社のホームページを見ても、全部読むことはまず無理ですし、完全に理解するのも困難です。アメリカなどでは、一般の人たちが専属のフィナンシャルプランナーや保険ブローカーに、保険を含むお金に関することを包括的に気軽に相談しています。

 いわば、掛かりつけのお医者さんのようなものです。いずれ、日本でもそうなっていくかもしれませんが、現在は多数の保険会社の商品を取り扱うことができる乗合代理店(いわゆる「来店型保険ショップ」)が人気を集めています。

 そうした乗合代理店であれば、ひとつの窓口で複数の保険会社の商品を比べて検討することができますし、相談員の多くは、保険の販売資格に加えてフィナンシャルプランナー等の資格をもっています。専門家に気軽に相談できるわけです。

 とはいえ、すべてをただ任せてしまっては、本当に最適な保険が選べなかったり、自分が加入している保険商品の契約内容を把握しきれないといったことになりかねません。

 前もって自分や家族の財政状況や保障ニーズをしっかり把握し、ライフデザインなども考え、それを基に相談するようにしましょう。保険とは、まさに自己防衛のためのツールです。将来のことを真剣に考えてこそ、本当のリスクマネジメントができるのです。

※取材日:2017年5月

中林 真理子(明治大学 商学部 教授)

最終更新:7/25(火) 11:00
Meiji.net

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Meiji.net

明治大学

社会問題を明治が読み解く
オピニオンは月3回更新

研究×時事問題。明治大学の教員が少子化
問題や地方創生、アベノミクスや最新の科学
技術など、タイムリーな話題を解説する、
大学が運営する新しい形の情報発信サイト。

Yahoo!ニュースからのお知らせ