ここから本文です

まるでグレース・ケリーのようなミランダのウエディングドレスに感動!

7/25(火) 21:40配信

MEN’S+

ようやく公開となったミランダのウエディングドレスを振り返る

 2017年5月27日(現地時間)に結婚したミランダ・カーと「スナップチャット」CEOエヴァン・スピーゲル。これまで公表していなかったウエディングドレスがやっと公開となりました。

【さらにミランダは、結婚式のメイクアップ画像を公開!さらにプライスレスなプレゼントも!】

 ミランダがチョイスしたドレスは、ディオール初の女性アーティスティック・ディレクター、マリア・グラツィア・キウリが手がけたオートクチュールドレスでした。

ミランダのドレスは、ディオールでクラシックに仕上げていました!

 ミランダとマリアは、ドレスの打ち合わせが初めての対面だったそうですが、ミランダは仕上がったデザインに大満足だったとのこと。

 自身のインスタグラムにマリアとのツーショットをアップし、「理想のウエディングドレスを叶えてくれてありがとう!」と感謝のメッセージも添えています。

 式は2017年5月27日。2人が住んでいるロサンゼルスの自宅で行われたとういう記事をメンズ・プラスでも公開しています。招待客は、家族や親しい友人45名ほどという、非常にアットホームなムードのなか行われたそうです。
 
 そしてミランダのドレスですが…。
 
 透け透け肌見せというレッドカーペット上のイメージと重なって、軽やかなセクシーなウエディングドレスで登場するかと思ったのですが、プライベートでは意外にも伝統的なウエディングをイメージさせる、とっても上品なドレスだったのです。 
 
 正直、がっかりした方も多いことでしょう。でも、ミランダも私生活はいい意味でコンサバな淑女だったのです。彼女がもつ生き方の本質を表したスタイルがこちらなのですね! 美しく、嫋やかなセクシーさを表現しているではないですか!!

 2人の結婚式の画像が見ることができるのは、ミランダとDior Official、そしてミランダの母テレーズのインスタグラムだけになっています。ミランダとDior Officialのインスタグラムでは、ディオールのブラックスーツを着たエヴァンとのツーショットも投稿されています。

 そして1956年4月19日にモナコ大聖堂で行われたカソリック式の挙式の際のグレース・ケリーとモナコ大公レーニエ3世の姿。彼女のウェディングドレスと見比べてみてください。

メンズ・プラス編集部

最終更新:7/25(火) 21:40
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!