ここから本文です

組織での実践を地域へ~熊本市「ママカフェ」の実践、地域担当職員としての役割

7/25(火) 11:50配信

政治山

 今年度、熊本市ではまちづくりセンターが設置され、各校区に専任の地域担当職員が配置されました。私はその地域担当職員として日々地域に出向き、その課題と向き合っていますが、人マネで学んだことを実践できる最高の職場にいると感じています。

 このように、最高だと思える職場に巡り会うまでには、仕事と育児の両立に対する大きな葛藤がありました。その過程をここで振り返ってみたいと思います。

コミットメント(宣言)した施策のひとつ、「ママカフェ」

 私には、現在、中学生と小学生の子どもがいます。そして、夫は同じ熊本市役所の職員です。子どもが生まれてからの10年間、仕事と育児の両立の難しさに悩む毎日でした。それもそのはず、熊本市は政令指定都市の中で時間外勤務が最も多い都市だったのです(2012年度調査)。2014年度、この現状をどうにかしたいとの思いで人材マネジメント部会(人マネ)に参加しました。

 これから10年以内に団塊の世代が後期高齢者となり、職員の大多数が介護を担うことになる「大量介護時代」が確実にやってきます。育児・介護中の職員だけを定時に帰宅させ、超過した業務を他の職員の時間外勤務に頼るというこれまでのやり方では、わが熊本市はこの「大量介護時代」を乗り越えられないと考えました。そのため、人マネでは組織のありたい姿を「職員全員が生産性高く働き、定時に帰宅できる、職員自らが幸せと感じる熊本市役所」と掲げ、それを実現するための施策を考え実践してきました。

 このありたい姿を実現するためには、職員どうしが現状を認識しそれぞれの思いを語りあう対話の場が必要不可欠です。本市のマネ友が、職員同士の対話の場となるオフサイトミーティング「つながるカフェ」を企画運営していたため、私もこの運営に携わってきました。その中で、就業時間後に開催される「つながるカフェ」に育児中の女性が参加するには高いハードルがあることを感じました。

 「子どもがいても、学ぶことをあきらめたくない」「他の職員が仕事と育児をどのように両立しているのか知りたい」。そんな女性の声を反映できる施策はないだろうか…。そこで思いついたのがFacebookグループを利用したオフサイトミーティング「つながるママカフェ」です。ここでは、Facebookでの投稿による情報交換をメインの活動とし、ランチタイムや休日の子連れOKミーティングで女性職員の対話の場を広げていき、ひいては定時に帰宅するべく生産性高く仕事をしている女性職員の仕事のやりかたを施策に反映し、業務改善につなげられないかと考えました。

 しかし、グループへ記事を投稿しても、コメントを寄せてくれるのはごく一部の職員のみで「いいね!」の数もなかなか増えず、他のメンバーからの投稿がない状態が続きました。そのため、このようなニーズはあまりないのではと不安になり、投稿すら躊躇してしまう状態となりました。

1/3ページ

最終更新:7/25(火) 11:50
政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社VOTE FOR

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。