ここから本文です

チチャリートがプレミア復帰! ウェストハムと3年契約 「世界最高のリーグ。戻れて嬉しい」

7/25(火) 9:01配信

Football ZONE web

移籍金23億円でレバークーゼンから移籍、週給2000万円で契約

 マンチェスター・ユナイテッドで偉大なアレックス・ファーガソン元監督の薫陶を受け、ジョゼ・モウリーニョ監督も「私なら放出しなかった」と嘆いた稀代のストライカーがプレミアに戻ってくる。ウェストハムがレバークーゼンのメキシコ代表チチャリートこと、ハビエル・エルナンデスを1600万ポンド(約23億円)の移籍金で獲得したことを発表した。

【動画】アーセナル、10人同時交代の珍事! プレシーズンマッチWSW戦、後半途中にエジルらを一斉投入

 衛星放送「スカイ・スポーツ」によると、契約期間は3年で週給は14万ポンド(約2000万円)。チチャリートは「ウェストハム・ユナイテッドに加われてとても幸せだ。個人的にはプレミアリーグは世界最高のリーグ。チャンスがやってきたのなら、このクラブとどうしても契約したいんだ」と語った。

 チチャリートは2010年から15年までユナイテッドのスーパーサブとして活躍。156試合59ゴールを記録し、14-15年シーズンにはレアル・マドリードに期限付き移籍し、重要な場面でゴールを決めていた。

「スペインとドイツでファンタスティックな3年を過ごしたが、イングランドでの日々が僕の中で最初で最大のチャプターだったんだ。戻れてこれて嬉しいよ」

 プレミアリーグで二度優勝を経験している人気者の凱旋はウェストハムにとって最高の補強になりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/25(火) 9:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新