ここから本文です

ソフトバンクの挑戦は「吉と出る」か

7/25(火) 12:20配信

WIRED.jp

さまざまなテック企業に対する多額の出資や買収を進めているソフトバンク。「30年以内に訪れる」と創業者でCEOの孫正義が予想するシンギュラリティに向けて、同社は大胆な賭けに出ているようだ。

Pepperは新たな「脚」を手に入れる

グーグルはかつて大事業への出資で有名だった。自動運転車の開発に何十億ドルもかけ、大衆向けの超高速インターネットを提供するためにGoogle Fiberを立ち上げ、国防高等研究計画局(DARPA)の支援を受けたロボットメーカーのボストン・ダイナミクスを買収したりもした。

しかし、グーグルは2015年にアルファベットという名の持株会社を中心に事業再編[日本語版記事]し、大きなアイデアの多くを中核事業の外へと移してしまった。それ以来、彼らはマウンテンヴューの野望から醒め、投資戦略も制限されてしまった。

アルファベットのCFO、ルース・ポラットは昨年の収支報告でこう語っている。「わが社はアルファベットの全リソースを効率的かつ効果的に集中すべく、プロダクトのポートフォリオを合理化し続けます」。これはつまり、彼らはGoogle Fiberを縮小し、不安定なプロジェクトを売却し、さらに今日のグローバルテクノロジー界で最大の賭けを先導する立場を他社に、つまりソフトバンクグループへと譲ったことを意味する。

さまざまな分野のテック企業を次々に買収

ソフトバンクは過去2年間で、びっくりするほど多くのテック企業を買収・設立し、出資もしている。先進モビリティとの合弁による自動運転バス事業に始まり、衛星インターネット企業OneWebへの12億ドル(約1,334億円)の出資、そしてアルファベットからはボストン・ダイナミクスと関連ロボット企業のシャフトも買収している[日本語版記事]。さらに同社は、量子コンピューターといった未来のテクノロジーに投資ため、1,000億ドル(約11兆円)規模のファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を立ち上げた。

ラリー・ペイジやイーロン・マスク、ジェフ・ベゾスと同じように、ソフトバンクの創業者兼CEOである孫正義は、遠く未来を見つめている。Venture Beatによると、孫は昨年のARMの開発者会議で「大きなパラダイムシフトが来るでしょう」と語っている。「いちばん大きなテーマはシンギュラリティです。きっと30年以内に起こるでしょう。それに備えて、わたしは戦略をとっているのです。1,000億ドルという金額は始まりにすぎないのです」

ソフトバンクは、孫が1981年にソフトウェア卸の事業を中心に起業した。96年には米ヤフー(当時)との提携のもと「Yahoo! JAPAN」を立ち上げ、さらに米出版社のZiff Davisを買収・売却している。2000年代初頭にソフトバンクはブロードバンドサーヴィスの提供を始め、さらに2004年には日本テレコム、2006年にVodafoneの日本事業、2012年には米通信大手のスプリントを買収した。しかし、なかでも最も有益な取引は、おそらく中国の電子商取引最大手、アリババグループへの2005年の出資だろう。

ソフトバンクは近年、“感情をもつ”ロボット「Pepper」(ペッパー)の原型であるロボットのメーカー、フランスのAldebaranを買収。東南アジアのGrabTaxi、中国の滴滴出行といったUberと競合する配車サーヴィス企業にも出資した。また、Fortress Investment Groupの買収を通じてLyftにも何十億ドルという金をつぎ込んでいる。

また同社は、2015年に韓国のeコマース企業Coupangへ約1,240億円、今年5月にはインドの決済会社Paytmへ約1,550億円を出資、さらにAIチップで存在感を高めている半導体大手のNVIDIAの株式を約40億ドル(約4,446億円)相当取得したと報じられている。孫のシンギュラリティに関するコメントはさておき、これらの買収の背後には一貫した戦略が見られない印象で、そのことが彼の野心をより一層大胆に見せている。

1/2ページ

最終更新:7/25(火) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc