ここから本文です

米ポップカルチャーの祭典「コミコン」にアメコミ映画のセレブが大集結!

7/25(火) 21:20配信

VOGUE JAPAN

ガル・ガドットやライアン・ゴズリングも参加!

世界最大級のポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン・インターナショナル 2017」がアメリカのカリフォルニア州サンディエゴで7月20日から23日まで開催。今年もアメリカのエンタメ界を牽引するスターたちがたくさん参加。ライアン・ゴズリングから、8月25日にいよいよ日本でも公開される『ワンダーウーマン』のガル・ガドットまで、ファン必見のシーンを選んでみました。

『ワンダーウーマン』のガル・ガドットの会場でのセルフィー。スーパーヒーローたちが結集!

スーパーヒーローたちが結集

コミコンでは、作品ごとにさまざまなトークや、ファンとの交流イベントがあり、年々、大きな製作発表の場ともなっています。今年は世界的に大ヒットした『ワンダーウーマン』の続編『Wonder Woman 2(原題)』の製作決定もニュースになりました。

ワンダーウーマンのみならず、DCコミックスに出てくるスーパーヒーローたちが結集して悪と闘う映画『ジャスティス・リーグ』には、(左から)「アクアマン」を演じるジェイソン・モモア、「ワンダーウーマン」のガル、「バットマン」のベン・アフレック、「サイボーグ」のレイ・フィッシャー、「フラッシュ」のエズラ・ミラーが出演。

ベン・アフレックがバットマンを演じ続けることを公言。

一時は「バットマン卒業」という噂も出ていましたが、今年のコミコンにキャストメンバーたちと登場し、バットマンを演じ続けることをアナウンスしたベン・アフレックにも注目が集まりました。

あの人も来ていた!ベテランから新人まで、大勢が参加。

監督のスティーブン・スピルバーグは、新作SF映画『Ready Player One (原題)』について語りました。アメリカでの公開は、2018年予定です。

話題をさらったのは、今年アカデミー賞にもノミネートされた俳優のライアン・ゴズリング。映画『ブレードランナー2049』(日本では2017年10月公開予定)が待ち遠しいです。同作品では、ハリソン・フォードと共演しています!

原点でもあるファンとスターの心温まる交流もチェック!

「コミコン」とは、「Comic Convention」の略語でありますが、原点はやっぱり、コミックを愛する人々が集まって交流する場でもあります。なかでも『ワンダーウーマン』を演じたガル・ガドットが泣きながらサインをもらう少女に優しく話しかけていたり、『バットマン』を演じたベン・アフレックが感動するファンたちと親切に写真撮影に応じたりするシーンは、特に話題を呼びました。

VOGUE JAPAN

最終更新:7/25(火) 21:20
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2018年1月号
2017年11月28日発売

700円(税込み)

リリー=ローズ・デップが表紙に初登場! 特別付録は、グローブ・トロッター 120周年記念 特製ミニ・トラベルケース。