ここから本文です

全英OP、日本中が愕然とした「痛恨の一打」を松山英樹が振り返る

7/25(火) 18:21配信

webスポルティーバ

 松山英樹(25歳)にとって、メジャー通算20回の出場となった全英オープン(7月20日~23日/イングランド、ロイヤルバークデール)。6月の全米オープンで2位タイという結果を残し、なおかつ世界ランキング2位という立場にあって、日本人選手初のメジャー制覇への期待はこれまで以上に膨らんでいた。

【写真】リーゼントのようになってしまった松山英樹の髪型

 迎えた初日、松山は2アンダー、12位タイとまずまずのスタートを切った。悪天候に見舞われた2日目も粘り強いプレーを見せて、ふたつスコアを落としたものの、トップと6打差の10位タイと踏ん張った。

“ムービングデー”となった3日目も、首位を快走するジョーダン・スピース(23歳/アメリカ)との差はわずかに広がったものの、松山自身、4つスコアを伸ばして順位は5位タイまで浮上。最終日は最終組からふたつ前という、十分に上位を狙える位置からのスタートとなった。

 メジャー2勝を誇るスピースと7打差。それを逆転することは、決して簡単なことではないが、「1日に四季がある」と言われるリンクスコースでは何が起こるかわからない。松山本人も、「天気次第ですが、(優勝へ)少しはチャンスがあると思っています。(最終日を迎えるにあたって)面白い位置かなと思うし、(明日は)すごく楽しみな1日になる。絶好調というわけではないけど、まあ、かみ合えば、というところですね」と、それなりに手応えは感じているようだった。

 ゆえに最終日、日本のファンの多くがわずかな奇跡を信じていたに違いない。全米オープン同様、最終日に猛チャージする松山の姿を誰もが期待していたはずだ。が、その”夢”はいきなり、1番ホールのティーショットで無残にも打ち砕かれてしまった。

 448ヤード、パー4。1番ティーグランドで悠然とアドレスに入った、普段と変わらぬ松山の姿を見て、その後に起こる”惨事”など誰も想像していなかったのでないか。しかし、松山が気持ちよく放ったボールは、現地のファンやメディアだけでなく、テレビ観戦していた多くのファンが自らの目を疑うほど、大きく右に曲がっていった。OBだった。

「いい感じで振ったつもりだったんですけど、球が曲がってしまった」

 ラウンド終了後、そう語った松山。結局、4打目もバンカーに入れてトリプルボギー。1番ホールを終えたところで、早くも優勝戦線から脱落してしまった。

 松山はその後、見た目には平静を装いながらも、内面ではショックを引きずっていたのだろう。ショットが乱れたまま、なかなかスコアを取り戻すことができなかった。そして通算2アンダー、14位タイで大会を終えた。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか