ここから本文です

名声、才能、お金…全てに恵まれたC・ロナウドが力説「真っ先に家族がいる」

7/25(火) 15:10配信

Football ZONE web

ベストを目指すために戦うのが「僕のモチベーション」

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドはこの1年間、リーガ・エスパニョーラ制覇、UEFAチャンピオンズリーグ連覇、欧州選手権初制覇、バロンドール獲得と、クラブと代表でタイトルを総なめにしてきた。そのロナウドが米放送局「ESPN FC」のインタビューに応じ、「名声は持っているけど、真っ先に家族がともにいるんだよね」とプライベートの大切さを語っている。

【動画】受け継がれる天才のDNA…C・ロナウド愛息が父親さながらの鮮烈FK!

 32歳となった今も得点を量産し続けるロナウド。記事では、「一つのことに注意し続けるのは難しいことだよ。でも僕が好きな別のスポーツ、例えばF1やNBAのレベル……最高の選手は最高の選手を見習うよね。彼らは試合でトップの座を取りたいと思っている。他の選手に出し抜かれたくないから、休んだり寝ている暇はないよ」と他競技を持ち出し、こう続けた。

「もちろん、僕は全員と戦うよ。ネイマール、メッシ、レバンドフスキ、イグアイン……世界中の最高の選手とだ。それは“闘争”ではなく健全なことだ。僕らはベストを目指すために戦う。それが僕のモチベーションだ。年を経るごとに強くなっている」

 すべての相手と戦うのは、ベストを目指すうえで必然だと語っている。

「家族を健やかに」と言葉を送られて…

 その一方で、4人の子供の父親であるロナウドは、家族についても言及している。

「僕はバレンシアのオーナーであるピーター・リムと話したんだけど、彼はこう言ってた。『クリスティアーノ、我々はお金や名声、全てを持っている。だから家族を健やかにしてあげてほしい。彼らに気を使ってくれ』とね。人々はみな私生活、ガールフレンド、車、馬、そして名声を持っている。でも真っ先に、家族がともにいる。それは良い時も悪い時もね」

 サッカー以外の時間を過ごす一家の存在が最も大切であると話した。

 華やかな生活を見せるロナウドとて、その本質は家庭を愛する一人の人間であることは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/25(火) 15:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新