ここから本文です

引退、撤回を繰り返す“お騒がせ男”に元同僚・長友が言及 「カッサーノらしい」

7/25(火) 18:13配信

Football ZONE web

わずか2週間で「引退」、「撤回」、「退団」、「引退」と二転三転

 悪童として名を馳せた元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、今季ベローナに加入したが、8日後に現役引退を発表した後、急転撤回。この行動が物議を醸していたが、改めて退団を宣言し、引退をほのめかす行動に出た。これに、元同僚の日本代表DF長友佑都は「カッサーノらしい」と自らの見解を述べている。

【動画】マルセロが神リフティング動画を公開! 最後には謎のダンスも披露

 イタリアの誇るファンタジスタはこれまでピッチ外で様々なトラブルを起こしながら、ローマ、レアル・マドリード、ACミラン、インテルなどの名門で活躍した。そして、2012年の欧州選手権では、ニースFWマリオ・バロテッリと伝説の“問題児2トップ”を形成し、イタリア代表を決勝の舞台にまで導いた。

 今年1月にサンプドリアとの契約を解消し、約半年間無所属の状態が続いていたが、7月に今季セリエAに昇格したベローナと1年契約。しかし、その後わずか2週間で引退、撤回、退団、引退と“お騒がせ男”ぶりを発揮し、注目を集めている。

 イタリアメディアによると、マウリシオ・セッティ会長は「この男の頭の中は正常な状態じゃない。浮き沈みがあるんだ。彼は雄弁になったかと思えば、沈黙する。残念だよ」と厳しい意見を発したというが、一方で一定の理解を示したのが長友だった。

親友の実力を認める長友ならではの見解は…

 2012-13シーズンにインテルでチームメイトだった長友は、25日に自身のツイッターを更新し、「カッサーノらしいな。笑」と綴った。それも、良好な関係を築いていた“親友”であり、その実力を誰よりも認めているからこそだろう。

「また一緒にサッカーしたいよ。まじ天才で走ればボール出てきた。彼とは阿吽の呼吸でプレーしてたね」

 過去の良き時代を振り返るとともに、再び共闘できる日が訪れることを望んだ長友。新シーズンのピッチに、カッサーノの勇姿はあるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/25(火) 18:13
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新