ここから本文です

「暴走老人」予備軍にならないために、できること

7/25(火) 16:13配信

日経グッデイ

 ささいなことに腹を立てず、ちょっとした言葉に傷つかない人になりたい。そう思っても、このストレス社会では不可能なのではないか、と思う読者も多いかもしれない。『寛容力のコツ』の著者である心理カウンセラーの下園壮太さんは、「寛容でありたいと思う人は、誰かにイラッとするたびに相手を責め、同時にどこかで自分を責めている」と言う。

【表】感情は、人間をある「行動」へと向かわせる

 また、「怒り」の感情は非常に勢いが強く、理性で抑え込むのは難しいものと解説する。はたしてコントロールできるのか。下園さんに聞いた。

●怒りは簡単には制御できない

――「もっと寛容にならないとなぁ」と思うのは、誰かにイラッとしたり、その怒りをずっと持ち続けてたびたび思い出してしまったり、というときだと思います。怒りを収めようとしても「だって、相手が悪いのに」という思いがあると、怒りのコントロールは難しいと感じます。

下園さん そのメカニズムは、怒りという感情の特性と関係しています。怒りについてお話しする前に、そもそもの「感情」について説明させてください。感情は、人間をある「行動」へと向かわせます(表参照)。

――新著『寛容力のコツ』にも「感情は基本的に“心配性で、お騒がせ屋”」という表現がありました。一見ネガティブで不要に思えるような感情も、すべてその人をある行動に仕向けるという目的を持っていて、全ての感情は自らの命を守るために存在する、と。

下園さん そうなのです。ただ、問題は、「感情は人の心と体を乗っ取るほど勢いが強い」ということ。私は「怒り」の感情が最も頑固で勢いが強いと思っています。怒りの感情は、その感情の持ち主の命を全力で守ろうとしますから、怒りは瞬間湯沸かし器のように瞬時に沸騰し、心拍数や血圧を上昇させ、筋肉の緊張も高め、敵と戦うための態勢を必死で整えるのです。だから、怒りを理性で抑えるのは、誰にとっても至難の業です。寛容力のなさに悩むのは当たり前のことなのだ、と認めることもまずは大切です。

1/4ページ

最終更新:7/25(火) 16:13
日経グッデイ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

医師などの専門家に取材し、
医療と健康の信頼できる情報お届けする
「困ったときに相談できる」サイト。

日経グッデイの前後の記事