ここから本文です

組織に翻弄され続けた選手人生…【日本初のカヌー代表選手・本田大三郎】が語る東京オリンピック(前編)

7/26(水) 15:00配信 有料

サイゾー

2020年に五輪開催を控える東京と日本のスポーツ界。現代のスポーツ界を作り上げ、支えてきたのは1964年の東京五輪で活躍した選手たちかもしれない。かつて64年の東京五輪に出場した元選手の競技人生、そして引退後の競技への貢献にクローズアップする。64年以前・以後では、各競技を取り巻く環境は同伴化していったのか?そして彼らの目に、20年の五輪はどう映っているのか――?

 迷走を続ける20年東京五輪の報道を眺めながら思った。64年の東京五輪は、今よりも遥かに物資は少なく、日本の国際的な地位も低かった中で行われた。現在よりも多くの困難が生じていたはずだが、国史に残る一大行事となった。選手やスタッフはどうやって乗り越えたのだろう……それは僕らが20年を迎えるためのヒントにならないだろうか?

 その20年東京五輪に向けて、俄然注目が集まっている競技がカヌーだ。昨年のリオ五輪で、羽根田卓也選手が日本カヌー史上初の五輪銅メダルを獲得。東京で、二大会連続のメダル獲得にも期待が集まるが、実は日本人が五輪カヌー競技に出場したのは、64年東京五輪が初めてのことであった。

「64年の東京五輪の際、40年の東京五輪(開催が決まっていたが支那事変などで開催返上)に出られたかもしれない学徒動員で亡くなった10万人を祀るため、国立競技場の片隅に祠(ほこら)を建てたんです。新しい国立競技場を建設するために名前を刻んだプレートは別の場所に保管してあるはずなので、その祠はまた建ててほしいんですよ」

 目を潤ませながら20年五輪への想いを語ったのは、第1回カヌー五輪選手団のエースとして、64年の五輪に出場した本田大三郎。レスリングでロサンゼルスから3大会連続で五輪に出場し、後にプロレスラーへ転向した本田多聞は息子。そしてサッカー日本代表の本田圭佑は、兄の孫である。

 本田は現在の熊本県八代市出身。球磨川沿いの生家は山林に囲まれ、大自然の中を駆け回る毎日だった。この“遊び”が、本田の屈強な身体を作る源となった。

「熊本のど田舎で、子どもの頃は川で遊ぶくらいしかやることがないわけですよ。木を川に浮かべてまたがって漕いだり、渡し舟を漕がせてもらったり、球磨川で暴れ回ってました」

 いかにもカヌー選手らしいエピソードだが、このときはまだカヌーという競技の存在さえ知らず、地元の県立八代高校に進学後、本田はハンドボール部に入る。彼はこの競技に夢中になった。高校卒業後、当時もっともハンドボールが強かった日体大に進学するも、経済的な理由から1年で中退。その後、高校時代の恩師の紹介で自衛隊の試験を受け合格し、自衛隊体育学校へ赴任した。これが本田の競技人生にとって大きな転機となった。本文:2,824文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの記事一覧へ戻る

最終更新:7/26(水) 15:00
サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年12月号
11月17日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:タブー破りの映画
第2特集:激写!GカップJKグラビア
第3特集:破局の紗栄子、反撃!?