ここから本文です

スパイダーマンの世界観を堪能できる「スパイダーマン:ホームカミング ポップアップストアin原宿」がオープン

7/26(水) 6:30配信

@DIME

 8月11日から日本でも公開されるマーベル映画最新作「スパイダーマン:ホームカミング」。世界51か国でNo.1オープニングを記録、映画批評サイトの「ロッテントマト」では93%(7月11日現在)というハイスコアで、観客の出口調査「シネマスコア」は全体で「A」と高評価を受けており、史上最高のスパイダーマンと呼び声も高い。

 映画の公開を記念して、ホットトイズ東京フラッグシップストア「トイサピエンス」にて、「スパイダーマン:ホームカミング ポップアップストアin原宿」が8月31日まで開催されている。

◆見どころ1・ホットトイズ製等身大フィギュア

「スパイダーマン:ホームカミング」では、主人公のピーター・パーカーが、同じくマーベルのヒーロー「アイアンマン」に導かれ真のヒーローになるまでの成長を描いているが、店内にホットトイズが製作したスパイダーマンとアイアンマン・マーク47の等身大スケールのフィギュアを設置。アベンジャーズ・タワーが見えるニューヨークの街並みを背景に、映画のワンシーンのような記念撮影ができる。

◆見どころ2・撮影で使用した本物のコスチュームが初来日

 店内奥には撮影で使用されたコスチュームを展示。スパイダーマンのピーター・パーカーが自分で作った通称「ホームメイド・スーツ」や、ピーターが持っていたバックパック、スパイダーマンのスーツが入っていた「スターク・スパイディ・スーツケース」といった小道具も同時に展示。

◆見どころ3・スターン・ピンボール社製の「スパイダーマン」ピンボールが日本初稼働

 日本での初稼働となる米国の老舗メーカー、スターン・ピンボール社製の「アルティメット・スパイダーマン」のピンボールを設置。1プレイ100円でプレイが可能。

◆見どころ4・限定アイテム2点以上購入でキーホルダーをゲット

 ホットトイズ、ファンコ、ハズブロといった人気ブランドのストア限定アイテムも登場。ハイエンド・フィギュアから女子ウケしそうなかわいらしいエントリーグッズまで幅広く取り揃えている。限定アイテムを2点以上購入すると、先着1500名に3種類の中から選べる「コスベイビー」のキーホルダーをプレゼント。

 限定アイテムはホットトイズ社製「ムービー・マスターピース アイアンマン・マーク30 」(2万8000円・税込以下同)、「パワー・ポーズ アイアンマン・マーク47」(2万8000円)といったフィギュア、コスベイビーシリーズ「3体セット」(7500円)、「2体セット」(5000円)、「Tシャツ」(5種・各3800円)、「クッション」(各3200円)、ファンコ社「POP スパイダーマン&マーク47」(3500円)、ハズブロ社「3.75インチ スパイダーマンVSシニスター・シックス 7体パック」(1万5000円)、「レジェンド 6 インチ」(各7500円)など。

【AJの読み】スパイディファンもアイアンマンファンも満足の新作映画

「スパイダーマン」の主人公はもちろん15歳の高校生、ピーター・パーカーだが、新作「スパイダーマン:ホームカミング」では、憧れのトニー・スターク(=アイアンマン)にもらった特製スーツに身を包み、放課後にパトロールしているという設定。ピーターの目標は一人前のヒーローと認められ、アベンジャーズの仲間入りを果たすこと。スパイディとアイアンマンが並んで戦うといったアメコミファンにはうれしい内容になっている。ピーター・パーカー役は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でもスパイダーマンを演じたトム・ホランド。

「スパイダーマン:ホームカミング」の世界観を体感できるポップアップストアは、見ているだけでも楽しい店舗構成。「映画を観たあとにぜひ足を運んでくれよ!」とスパイディがキャプテン・アメリカの頭をなでながら話していました(笑)。ちなみに私のひそかな推しアイテムは「Mr.ポテトヘッド」のスパイディです。

文/阿部 純子

@DIME編集部

最終更新:7/26(水) 6:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2018年1月号
11月16日発売

定価600円

ヒット商品総まとめ&大予測
男を格上げする傑作カバン100選
人が10倍集まるInstagram活用術

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。