ここから本文です

ワイン好きがハワイでいま、一番注目すべき店【本田直之のThe Hawaii’s Best Restaurants】

7/26(水) 7:10配信

エイ出版社

本田直之氏によるハワイグルメのベストセレクション・3店目

レバレッジシリーズをはじめ累計300万部以上というビジネス書の著者として知られ、一方でハワイに通って26年、ハワイでデュアルライフをはじめて11年目という無類のハワイ好きでもある本田直之氏。
オリジナル連載コラム【本田直之のTHE HAWAII’S BEST RESTAURANTS】では、彼が自腹で何度も通っているレストランを100軒選んで紹介した新刊『The Hawaii’s Best Restaurants』(2017年7月15日発売)から、その一部を紹介していく。

ワイン好きの本田氏が、ハワイで最も注目しているお店

連載第3回目は少しだけ趣向を変えて、ワイン好きの僕が、ハワイで最も注目しているこちらのお店を。特にこのワインボトルが並ぶ写真を見て「おっ?」と思ったあなたに絶対おすすめしたいのが、2016年の3月、チャイナタウンにオープンした『フェット』だ。

ニューヨークの第一線から、夫婦でハワイのダイニングシーンへ

ジョージア州の出身で、グラフィックデザイナーというバックグラウンドを持ち、学生時代に働いていたレストランで、オーナーの影響を受けてワインフリークになったと言うオーナーのチャックと、どっぷり飲食業界に携わってきたエクゼクティブシェフのロビン。ニューヨークでそれぞれ腕を磨いた夫婦が営むこの店は、彼らの洗練されたセンスでハワイのダイニングシーンをレベルアップしてくれた(写真左:エクゼクティブシェフのロビン、写真右:オーナーのチャック)。

そしてこれまで他のどのレストランでも取り扱いのなかったナチュラルワイン、オレンジワイン(白ぶどうの皮を漬け込むことで、旨みや複雑みがあるので料理に合い、僕も気に入っている白ワイン。見た目がオレンジ色をしているためにオレンジワインと呼ばれるが、果実のオレンジを使用しているわけではない)をワインリストに載せたことで、ハワイのワイン好きたちをも唸らせたのだ。

週に1、2回来たくなる「街角のレストラン」

とはいえ『フェット』は、いわゆるお高いレストランではない。「特別な記念日やお祝いに訪れてもらうだけじゃなく、週に1、2回来たいと思えるような、街角のレストラン」というチャックの言葉どおり、その雰囲気はニューヨークにあるカジュアルレストラン。テーブルそれぞれの距離が近く、アップテンポで活気があって、出会った見知らぬ人同士にもコミュニケーションが生まれるような空間を、あえて作り上げている。

スパイシーなココナツ風味に仕上げられているポークチョップ(写真左)やマウイ産ポハベリー・ジャムと醤油、バルサミック・チリとの相性も楽しいフォアグラの餃子(写真右)など、料理も多国籍な経験を積んだロビンならではのセンスが光る。

1/2ページ

最終更新:7/26(水) 7:10
エイ出版社