ここから本文です

イノヴェイションが「倫理的」であるためには、3つの解決策がある

7/26(水) 7:30配信

WIRED.jp

空飛ぶクルマ、ファッションをチェックしてくれる人工知能、脳内の思考をそのままPCに入力する技術──。科学技術が進化して夢のような商品やサーヴィスが実現するにつれ、それが「エシカルかどうか」、つまり倫理的に正しいかどうかが問われるようになった。そのために必要な3つの解決策とは。

世界初、DNA的に「3人の親をもつ赤ちゃん」のいま

シリコンヴァレーから届くニュースの見出しは、時として神話かファンタジー、はたまたSF小説のタイトルではないかと思えることがある。

「史上初、ヒトとブタの胚を掛け合わせた胚“キメラ”が誕生」と聞けば、ライオンの頭と山羊の胴体、毒ヘビのしっぽを持つギリシャ神話の怪物が思い浮かぶ。「もはや夢ではない:空飛ぶクルマが誕生」という記事では、ライト兄弟が初めて飛行に成功した際の記念となる町キティホークの名を冠したクルマが紹介されている。そして、「アレクサはコーディネートまでチェックするってよ」という記事は、アマゾンの人工知能(AI)を使った音声アシスタント、アレクサとカメラ機能の組み合わせで、個人のファッションのよし悪しを判断する機能について伝えている。

このような“ぶっ飛んだ”見出しの記事を読むと、2016年に登場した無人の自律走行車や、AIを活用したボットとのチャットだけでオンラインショッピングできるサーヴィスなどは色あせてみえる。

イノヴェイションは、われわれにとって必要不可欠なものだ。テクノロジーや科学についての話がどれほど理解の範疇を超えていようとも、この事実は変わらない。そして、倫理的に正しい(エシカルな)意思決定が行われれば、健全なイノヴェイションが促進され、発展を妨げる規制の壁も乗り越えられるだろう。

テクノロジーが進化すると「人間らしさ」が問われる

一方で、イノヴェイションを消費者や社会がどこまで、どのように活用すべきかについては、注意深く考えなければならない。テクノロジーは「人と機械」や「人と動物」との境界を、どんどん曖昧にしつつある。世の中は法整備もせずに、“人間らしさ”とは何かを問うようなイノヴェイションを推し進めているといってもいい。

新しい商品やイノヴェイションを生む技術をもった人や企業が、人の安全や社会への影響を及ぼすような決断を下すことも増えている。こうした決定の多くは開発者の意志が反映されており、潜在的なリスクや、思いもよらない意図で使われるリスクなどは必ずしも考慮されていない。

もし、遺伝子を自在に改編するゲノム編集の技術がテロリストに悪用されたら? ヒトとブタの胚から生まれたキメラ同士が交尾をしたとしたら? 窓の外に見えるものは、空飛ぶクルマではなく鳥のほうがいいと人々が望んでいるとしたら?(どうやらこのリスクは現実のものになりつつある。Uberは2020年までに「空飛ぶクルマを呼べるアプリ」をリリースするとしている)

異なる服装をした2つの写真を比べ、似合うほうを教えてくれるAmazonの「Echo Look」で、ティーンエイジャーが精神的に問題を抱えてしまったら? 誰が責任をとるというのだろう。全人類に多大なる影響を及ぼすかもしれない決断を誰が下すべきかという問題が、テクノロジーのすごさや科学の光輝を前にないがしろにされていいのだろうか。

1/3ページ

最終更新:7/26(水) 7:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。