ここから本文です

チョコはダメ!?歯のホワイトニング前に絶対知っておきたいデメリット

2017/7/26(水) 16:40配信

ファンファン福岡

輝く白い歯でニッコリ。美しい歯は清潔感があって爽やかだし美人度も2割増し!良いことづくめのように思えるホワイトニングですが、実はデメリットもあるんです。あまり知られていないホワイトニングのデメリットをお伝えします!

デメリット1:ホワイトニング直後は着色しやすい

ホワイトニングは、歯の表面に過酸化水素水を主成分としてできた薬剤を塗って、熱や光で歯の色素を分解して歯を白くしていきます。薬剤を塗ると、普段は歯を覆っている薄い膜が一時的に剥がれます。この膜は通常24時間程度で元に戻りますが、それまでの間は着色しやすい状態になっています。

そのため、施術後24時間は、着色しやすい食べ物や飲み物は避けておいたほうがよいでしょう。着色しやすいのは、色素が濃い飲食物です。

<着色しやすい飲食物の例>
・カレー
・赤ワイン
・チョコレート
・ぶどう
・醤油
・ケチャップ
・コーヒー
・紅茶
・ウーロン茶

タバコも着色しやすいもののひとつ。施術直後は避けておいたほうがよいでしょう。

また、ホワイトニングに使う過酸化水素水の影響で、歯の表面が酸性の刺激に一時的に弱くなります。そのため、酸性の飲食物も控えておいたほうがおすすめです。

<酸性の飲食物の例>
・柑橘系の食品や飲み物
・クエン酸入りの飲料
・酢
・炭酸飲料

デメリット2:知覚過敏などで痛みを感じることがある

ホワイトニングの施術中に、使用する薬剤が歯にしみて痛みを感じる場合があります。虫歯がある場合やひびが入っている場合、歯周病の場合のほか、知覚過敏の状態でも痛みを感じやすくなります。

歯は、「エナメル層-象牙質-歯髄」の順番で層になっています。歯髄(神経)に刺激が加わると痛いと感じますが、真ん中の象牙質に刺激が加わった場合でも痛みを感じることがあります。これが知覚過敏です。

虫歯や歯周病が原因の場合には、ホワイトニングよりも治療を優先して行います。知覚過敏のみの場合には、薬剤の濃度を薄めるなどの方法で対応しますが、その分、白くなりにくかったり、ホワイトニングに時間がかかってしまうことがあります。

知覚過敏は、歯ぎしりやくいしばりなどで歯の表面が削れている場合にも起こります。普段から知覚過敏のある人は、ホワイトニングの施術前に相談してみましょう。

1/2ページ

最終更新:2017/7/26(水) 16:49
ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。