ここから本文です

日米で異なる球宴の価値の重み。楽天・茂木の出場停止ルールはアンフェア【小宮山悟の眼】

7/26(水) 10:02配信

ベースボールチャンネル

 MLBのオールスター(日本時間7月12日、マイアミ)を現地で取材した。本場のオールスターは日本とはまた趣が違って感動することも多く、今回はそんな日米のオールスターの違いについて話したい。

普通に知っている? MLBの日本人初○○のあれこれ<投手部門編>

■オールスター出場は一生の肩書
 
 実際に足を運んでみて感じたのは、オールスターの“価値の違い”だ。
 
 MLBのオールスターは、年に1試合しか行わないというのも影響しているだろう。全30球団の中から選ばれるわけだから、メンバーに入るだけでもその価値は相当なものだ。「2017年オールスタープレイヤー」という肩書が選手たちに加わり、オールスターに出たという証は一生ついて回る。これは選手たちにとって喜びだろう。

 特に感動したのは、ファンフェスタだ。オールスターの1週間前から開催しているようだが、球場とは別のコンベンションセンターという場所で様々なイベントが展開されていた。

 オールスターのグッズをはじめ、30球団の帽子などが飾られていた。子どもが走塁や守備、ピッチングをする場所があり、往年のスターのトークショーもやっていた。ニグロリーグの殿堂のパネルもあって、本当にすごかった。

 日本のオールスターはその日の試合と試合前に行う30分ほどのホームラン競争しかない。しかし、MLBはファンフェスタやホームランダービーがショーのようになっていて、試合前のアトラクションの傾向が強い日本との差は歴然だった。

 マイアミの空港についた時はオールスターをやるという空気はほとんど感じなかったが、ファンフェスタの人だかりや盛り上がりには本当に驚いた。

 本番の試合はお祭り感がなく、素晴らしいゲームだった。30球団あれだけの数の選手がいて、選ばれる。そのためプライドを持ってオールスターに臨んでいる印象だった。ボールが飛ぶ状況の中にあっても、投手陣たちは抑えにかかっていた。雑なゲームにならずに緊迫したゲームになって面白かった。


■メディア対応も選手の仕事
 
 オールスター前に行われる記者会見(Media Availability)は見事だった。

 日本では実施されないのでなじみが薄いが、MLBでは出場全選手が並んでインタビューを受ける時間を設けている。選手によって人だかりができる・できないの差はあるが、自分の前にメディアがいなくても、選手はきっちりと待っている。あの空気感はすごかった

 MLBでは、選手が取材に対応することも仕事だとチームで教育されている。メディアにどう対応するべきか、インタビューをしている人物はもちろん、話している相手の向こう側に誰がいるかということをきちんと教育している。

 チームを代表してオールスターに出場しているという自覚があるから、選手たちは責任をもってコメントしているのだ。自分がオールスタープレイヤーだという意識が確実に芽生えているので、初出場の若手だろうと振る舞いをきっちりしている。その姿勢は立派だった。

 ダルビッシュに関しても、今年は早い時期からトレード話が出始めているが、それをさらりと受け流していた。日本のメディアばかりだったが、本人からアメリカのメディアに質問を促すなど、大人の対応をしていた。


■日本の出場辞退のルールは不公平
 
 そのダルビッシュは、オールスターの2日前に登板したことで出場を辞退した。

 日本ではあまりないことだが、MLBではよくあることだ。オールスターのために出場選手の登板スケジュールを変えることの方が言語道断だ。ただ選ばれることがどれほど尊いことか。出場の辞退はしたものの、選ばれたことが本人にプラスになっているのだ。

 一方、日本では東北楽天ゴールデンイーグルスの茂木栄五郎選手が選手間投票で選ばれたが、けがのため辞退した。茂木がNPBのルールにより、後半戦の10試合で登録が不可能となったのは不公平といえるだろう。

 かつては日本のオールスターは3試合あった。そのため、「負担が大きいから出るのは嫌だ」という選手がいた。そういう選手が出てこないようにルールを制定しようということになったのだろう。

 それが例えば、出場停止ルールをアメリカのように過去に遡ることができたら、茂木は後半戦から出られるということになる。そうではなく、茂木にただ出場停止処分を科すのはフェアではないと思う。

 すぐには変わらないだろうが、3試合もあったために負担が大きいというところからルールが始まっている。つまり、1試合にするのが一番いいだろう。

 アメリカのように1試合すれば、オールスターの価値が高まる。そして、試合には出られなくてもオールスタープレイヤーとして認められるようになる。気持ちの入り方も違うし、試合に出られなくても選ばれたという自信が生まれる。茂木のようなこともなくなるだろうし、それが理想なのではないだろうか。


小宮山悟(こみやま・さとる)

1965年、千葉県生まれ。早稲田大学を経て、89年ドラフト1位でロッテ・オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)へ入団。精度の高い制球力を武器に1年目から先発ローテーション入りを果たすと、以降、千葉ロッテのエースとして活躍した。00年、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。02年はボビー・バレンタイン監督率いるニューヨーク・メッツでプレーした。04年に古巣・千葉ロッテへ復帰、09年に現役を引退した。現在は、野球解説者、野球評論家、Jリーグの理事も務める。


氏原英明

ベースボールチャンネル編集部