ここから本文です

巨乳をあえて潰す「ぺた胸メーカー」に熱い支持 “逆補正“の裏には切なる悩みが…

7/26(水) 17:40配信

KAI-YOU.net

夏である。薄着の季節である。

男性諸氏からすれば「薄着ひゃっほー!」と思うかもしれないが、一部の女性は「この季節がきたか……」と顔をしかめているご様子。そう、バストサイズの大きな女性たちは、男性の視線が余計に気になってくる季節でもあるそう。

Hカップはどこへ消えた?

そんな折に、Twitterでコスプレイヤーの喜左衛門さん(@kizaemonnn)さんが紹介していたアイテムが話題に。その名も「ぺた胸メーカー」。胸のボリュームを抑えるインナーだ。

巨乳ならではの悩みに共感も

喜左衛門さんの着用画像を見てもらうと一目瞭然だが、胸の量感が押さえられ、しっかり男装が成り立っていることがわかる。

製造・販売元であるタジュアリーの公式サイトによれば、本来はブライダルインナーなどに使われる「肌触りがよく、段差が出にくい生地」を使っており、蒸れずに丈夫。日本国内で縫製しており、品質の高さにもこだわりがあるという。

カラーは透けても色が目立たないベージュを採用。上記の着用例を見ての通り、白いTシャツを重ねても、ぺた胸メーカーの存在は感じられない。

現在はアンダーバストごとにS、M、Lの3サイズ展開だが、タジュアリーの公式Twitterによれば、今後はLLサイズの製造も予定しているという。

ふと、筆者は胸の大きな女性から以前に聞いた「可愛いワンピースでも、丈が短いと胸でひっぱられておへそが見えちゃう……」というぼやきを思い出した。

サイズがなく着られる服がなかったり、タイトな服を着ると胸が強調されすぎてしまったり……巨乳ならではの困りごとも多々あるようだ。

もちろん、量感のあるバストにときめいてしまう男心は否定できない。しかし、その裏には男装レイヤーのみならず、ぺた胸メーカーで悩みが救われる女性もいるのだということも忘れてはならないのだろう。

最終更新:7/26(水) 17:40
KAI-YOU.net