ここから本文です

「イーロン・マスクの頭のなか」が理解できる8本のストーリー

7/26(水) 18:50配信

WIRED.jp

「手の届く」価格帯になった電気自動車を発売するテスラ、人類を火星に送り込むことを目指すスペースX。そして真空に近いチューブを用いた超高速輸送システム、地下トンネルの掘削、果ては脳とコンピューターを直接接続する技術の開発まで──。イーロン・マスクが取り組む事業はどれも野心的で壮大なものである。いったいマスクの頭のなかはどうなっているのか。その理解の一助となる8本の記事を紹介する。

8本のストーリーを詳しく読む

テスラが2017年7月28日、「手の届く」電気自動車(EV)として発売する最新モデル「Model 3」(モデル3)の納車を開始する。一般的にはEVメーカーとして認知されていることが多いテスラだが、創業者のイーロン・マスクは単に自動車メーカーを目指しているわけではない。

マスクは以前、電話会見でこう語っている。「わたしはテスラが自動車メーカーだとは思っていない。世界に自動車メーカーはたくさんあるが、欠けているのは持続可能(サステナブル)なエネルギーの企業である。そうした存在になることが、テスラが達成すべきことだ」

つまり、キーワードのひとつは「サステナブルな社会」である。その実現のための手段とプロセスとして考えれば、家庭用の太陽光発電システムや蓄電システム、そしてEVがひとつの輪でつながってくる。

だが、マスクの頭のなかにあるのは、テスラのことばかりではない。スペースXの宇宙開発事業は、人類を火星に送るという壮大な目標を掲げている。真空に近いチューブの中をカプセルが疾走する次世代輸送システム「ハイパーループ」は、すでに実験がスタートした。

そして地下トンネルを利用して渋滞を解決する構想の実現を目指すボーリングカンパニー、脳とコンピューターを直接接続して病気の治療につなげる「Neuralink」(ニューラリンク)にも、新たに取り組み始めている。

どれをとっても、誰もが無謀だと思うようなアイデアばかりである。いったいマスクの頭のなかはどうなっているのか──。その理解の一助となる、8本の『WIRED』日本版記事を紹介する。

■01 マスクは常人の「8倍速」で目標を達成している:調査結果

ロケット開発、自律走行車、大都市の地下を進むトンネル…と、さまざまなプロジェクトを恐るべきスピードで実現していく男、イーロン・マスク。彼の事業とほかの企業の取り組みを比較した結果、彼が通常の「8倍の速度」でプロジェクトを進めていることが明らかになった。

■02 テスラは「持続可能エネルギー企業」を目指す

2016年6月、テスラ・モーターズ(当時)は太陽光発電ビジネスを展開するSolar Cityの買収意向を明らかにした。その際にマスクが明らかにしたのは、発電や蓄電、そのエネルギーを使った移動手段を高度に統合する「持続可能エネルギー企業」の姿だった。

■03 テスラの新型EV「モデル3」の成功に必要なもの

テスラが「手の届く」電気自動車として発売する最新モデル「Model 3」(モデル3)の納車が、2017年7月28日に迫ってきた。だが勝負はここからだ。成長の鍵を握る最新モデルが真に成功するために、テスラがやるべきことは山積している。

■04 マスクの「美しいソーラー発電」への挑戦

太陽光発電の技術が進歩するにつれ、コストや効率はその普及のための問題ではなくなる。そのときソーラー発電は美しくなければならない、とイーロン・マスクは考えている。来るべき「クリエイティヴな太陽光発電」と、その実現のために超えなければならない課題。

1/2ページ

最終更新:7/26(水) 18:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。